ふるさとプロボノ/北海道下川町

北海道下川町の概要

北海道下川町は、北海道の北部に位置し、東京都23区とほぼ同じ面積(64,420ha)、その90%が森林に覆われていることから、森林林業を産業基盤として発展してきました。
町では、この豊かな森林資源を活用するため、植林50ha×伐採60年を繰り返す循環型森林経営の構築や北海道初となる国際規格による森林管理(FSC認証)を町有林に取得するなど先駆的な取組をしています。
また、森林整備で発生した木材や間伐材は、集成材、木炭、割り箸、アロマオイルの原材料、さらには、製材工場等で発生した木くずは、木質バイオマスボイラー用の燃料として公共施設に利活用することで、廃棄物ゼロを目指す、ゼロミッションの木材利用システムを構築しています。さらには、全国初のカーボンオフセットの取組み(二酸化炭素排出量の取引)や地元NPO法人による森林セラピー、未就学児から高校生における森林環境教育の実施など、地域資源を生かした取組を実施しています。
このような先駆的な取り組みが評価され、平成20年に国の「環境モデル都市」に認定されました。
 

プロボノで取り組んだ課題と下川町のねらい

下川町では、年間500人を超える国内外からの視察者の受け入れや、全国各地での講演活動を行うなど、町内外に積極的な情報発信を行っています。
しかし、対外的な情報発信基盤となる同町のウェブサイトでは、町内で行われるイベント・会議の告知・募集から環境モデル都市の取組みまで、町が行う多種多様な事業すべてを掲載しているため、町が取り組む先進的な施策を分かりやすく伝えられなかったり、更新作業が煩雑であることから情報発信のタイムラグが生じる、といった課題がありました。
この課題を解決するため、町の森林・林業を基盤とした環境の取り組みを効果的に発信する専用ウェブサイトの制作を行うこととなりました。
下川町のプロボノ活用のねらいは、町や地元企業、NPO法人等が行う事業を包括的に紹介するため、専門家の調査・分析・戦略に基づいた効果的なウェブサイトの構築を検討するとともに、類似する施策をカテゴリーごとに整理することで、相手方に分かりやすい情報発信を実現することでした。
また、企業・都市部自治体や住民に対し、カーボンオフセットの取り組みや森林製品の販売など、下川町役場、地元企業等が行う森林・環境関連の施策・事業についての理解向上を図り、新たな地域連携に結び付けることが目標でした。

プロボノワーカーの取り組み

こうした下川町の熱い思いと期待とを受け止めながら、5名のプロボノワーカーによって構成されたチームは、2回にわたる現地合宿を行い、循環型森林経営の一翼を担う下川森林組合やNPO法人の職員、自治体担当職員、さらには、地元企業、町民など、様々な立場から下川の森林に関わるステークホルダーへのヒアリングを行いました。
また、木質バイオマスボイラー施設や間伐材を活用した精油の製造工程などの現場視察、町民とともに森林ウォーキングに参加することで、下川町の魅力に触れながら、客観的な情報収集に取り組みました。
あわせて、東京都内においても、下川町にゆかりのある方やカーボンオフセットの取引を行う企業担当者など、情報発信のターゲットとなるステークホルダーへのヒアリングを行うことで、ターゲットが求める効果的な情報発信の方法を検討しました。

現在、「森の一生」をキーワードに、本ウェブサイトを役場、町内事業者が行う様々な事業を紹介するポータルサイトと位置づけ、分りやすいデザインやキャッチコピーの検討を行っています。

Taproot 個人情報保護方針 © 2009-2017 認定NPO法人サービスグラント. All rights reserved. SERVICE GRANT