MENU

プロジェクト紹介
ばぁばの家 あさだ

プロジェクト
ボランティア案内資料
プログラム
行政協働
エリア
神奈川県
進捗率
23%
団体名
ばぁばの家 あさだ
SDGs

「ばぁばの家あさだ」は、バス通りから住宅街の坂道を登る途中にある一軒家。10年前に、空き家になる家を地域で活用してほしいと、空き家の所有者から声をかけて頂いたことがスタートのきっかけでした。以来、高齢者向けの居場所、親子のつどいの広場、介護保険の要支援者対象の居場所、その他、茶話会、手仕事の集まりなど、様々な活動を展開しています。

現在団体が抱えている課題は、参加者が固定化してきており、新しい参加者があまり増えていないということと、ボランティア不足です。これまでも様々な活動をしてきましたが、もっと地元の人に気軽に来てもらえるようにイベントをさらに工夫したいと考えており、そうした運営に携わってくれるボランティアメンバーを募集していますが、希望者を思うように集められていません。

そこで今回のプロボノプロジェクトでは、「ばぁばの家あさだ」のボランティアスタッフを募集するために、ボランティア募集説明会などで使用できるボランティア案内資料をパワーポイントで作成します。
またそれにあたり、「ばぁばの家あさだ」を理解していただくための情報を整え、ボランティアとして「ばぁばの家あさだ」で活躍していただける様々な役割について整理をし、ボランティアスタッフを充実させるための方法や募集方法を検討します。

 

 

進捗状況

プロジェクトマネージャー:
梶谷さん
マーケッター:
岩井さん 加藤さん 倉本さん 田中さん 安原さん

2020.11.23

「ばぁばの家あさだ」をチーム全員で訪問。成果物の具体的なイメージについて、あらためて団体と話し合い、「ボランティア募集を目的としたチラシと、詳細な内容を説明する資料」を作成する方向で進めることにしました。また、募集の仕方やイベント企画等についても、現状を丁寧に伺いながら様々な視点で意見交換を行いました。

2020.11.12

現地訪問(11/23)に向けて、チームでオンラインMTGを実施しました。

2020.11.07

ハマボノ全5チームが集合し、キックオフミーティングを実施、プロボノチームと支援先団体の皆さまとの顔合わせをし、プロジェクトがいよいよ本格的にスタートしました。

2020.10.24

ハマボノ2020、ハマボノ1DAYチャレンジ2020の、オリエテーションを8チームで実施しました。自己紹介から始まり、地域包括ケアについての研修、プロジェクトのスケジュールや分担の確認を行い、2週間後のキックオフミーティングに向けて、プロジェクト準備がスタートしました。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

SHARE ON