MENU

プロジェクト紹介
にじーず

埼玉の居場所事業の会場様子
プロジェクト
活動運営マニュアル
プログラム
企業協働
エリア
神奈川県
進捗率
完了
団体名
にじーず
SDGs

「LGBTの子ども・若者が安心して思春期をサバイバルできるつながりを作ること」をミッションに、10歳から23歳までのLGBT(かもしれない人を含む) の孤立を防ぐべく、居場所事業を実施している団体です。
高校生を対象にしたある調査では、LGBTの子ども・若者の3人に1人が自傷行為を経験しているというデータもあり、子どもの頃に 自覚し始めたものの、わかり合える仲間が持てないまま、大人になるまで1人で悩み続けている若者が多くいます。安心して過ごせる居場所を提供することで、1人でも多くのLGBTユースを救いたいという想いから、2016年8月に任意団体として東京で発足、その後は全国8都市(札幌・埼玉・東京・新潟・京都・大阪・神戸・岡山)に毎月〜隔月1回の居場所事業を行う拠点を増やしています。

一部、自治体との連携も始まったことで、3〜5年後には10〜15拠点へと増やしていく目途が立っていますが、全国の子どもたちが、親の許可や送迎なしに、公共交通機関などで通える範囲に居場所があることが理想と考えると、まだ十分ではありません。
今後、より多くのLGBT若年層の居場所を作っていくためには、にじーず主催の拠点だけでなく、各地の既存子ども・若者支援機関(児童館、青少年施設、子ども食堂など)と連携することが必要と考えています。
そのためには各支援機関の大人が、当事者を取り巻く環境について、自分事として捉え、気づき、こどもたちを支えるためのプログラムを作り、全国へ横展開していくことが急務と考えています。

今回のプロジェクトでは、団体関係者とのディスカッションなど通じて、LGBT若年層が安心して過ごせる居場所を作るためには、どのような知識や情報、プログラムが必要かを洗い出し、業務マニュアルに加えて、今後の事業展開に役立つコンセプトを提案します。

 

参加者の顔をうつせないのでイラストです。にじーずの様子を参加者が描いてくれました。

スタッフの様子です

 

進捗状況

メンバー:
中村さん 下村さん 中村さん 山下さん Rawatさん 辻さん 

2022.11.01

支援先から、提案に対する回答と承認を受領しました。

by 大森

2022.10.28

支援先団体へ向け、成果提案ミーティングを実施し、最終成果物を納品しました。
早速、近日中に利用する機会もありそうと伺い、チームにとっても嬉しいニュースでした。
プロボノ活動を通じて、自分の考え方を見直すきっかけになった、とお話しされた方が多く、これからもファンとして団体さんを応援していきます!というお声が聞かれました。

by 大森

2022.10.11

支援先からも、成果物のドラフトについてフィードバックをもらい、最終化に向けて反映を進めています。成果提案ミーティングまであと少しです!

by 大森

2022.09.27

若者支援施設などの方々から、現時点での成果物についてご意見を頂き、それを反映すべくブラッシュアップをしています!成果提案までもう少しです。

by 大森

2022.09.16

支援先へ提示した成果物案に対し、他の若者支援施設の方々からもご意見を伺うため、3名の方へヒアリングを実施しました。

by 大森

2022.09.09

支援先から、提案に対する回答と承認を受領しました。ここから更に、成果物のブラッシュアップへ向けて、さまざまな方からレビューを頂きます。

by 大森

2022.09.09

支援先に対して、現時点での成果物内容を確認するため、中間レビューミーティングを実施しました。
これまでの調査やヒアリングを通じて得られた気づき基に、どのような内容であれば、若者を支援している施設側に響くか、また悩みを抱えているユースたちに寄り添えるかを、活発に議論しながら支援先からのフィードバックをもらいました。ここから更に、内容をブラッシュアップしていきます。

by 大森

2022.08.26

これまでの調査、ヒアリングをもとに、成果物を作成し始めました。支援先のみなさんと調整をしながら、最終化へ進んでいきます。

by 大森

2022.08.23

若者支援をしている他団体の方々へ、アンケート調査及び、個別ヒアリングを実施しました。

by 大森

2022.08.16

アンケート調査に加えて、個別のヒアリングも計画しています。

by 大森

2022.08.16

LGBT若者支援をしている、他団体へアンケート調査を開始しました。

by 大森

2022.08.04

SAPジャパン社内で、3チーム合同の中間共有会を実施しました。各チームの活動状況を共有するとともに、後半の活動に向けた課題や工夫点の共有をしました。

by 大森

2022.08.01

LGBTユースを支援する人々が感じている課題感を多角的に理解するために、他の施設や団体向けに、アンケート調査を実施することにしました。

by 大森

2022.07.21

支援先団体と、これまでの調査から見えてきた方向性を基に、成果物の利用目的やイメージを確認しました。

by 大森

2022.07.13

関連する書籍や、支援機関の情報を収集しています。

by 大森

2022.07.05

支援先からのフィードバックを受けて、成果物の構成をチームで検討しています。

by 大森

2022.06.30

実際にLGBTユースを支援している方々へのヒアリングを通じて得た気づきを基に、人の行動変容とガイドラインの範囲・コンテンツについて、たたき台を作成し、支援先と協議しました。

by 大森

2022.06.27

若者支援をしている他団体の方へヒアリングを実施しました。

by 大森

2022.06.24

他地域のユースセンターで活動されている方へヒアリングを実施しました。

by 大森

2022.06.17

地方各地でLGBTユースの居場所事業を行っている団体のオンラインイベントを視聴しました。LGBTユースを取り巻く環境や、各団体の取り組みや課題などについて、理解を深めました。

by 大森

2022.06.09

支援先団体との初顔合わせである、キックオフミーティングを開催しました。チームが事前情報の資料やホームページなどから理解した、団体の抱える課題や今回の支援内容について、認識合わせと意見交換を行いました。これからいよいよ活動が本格化していきます!

by 大森

2022.05.26

チーム初顔合わせである、オリエンテーションを実施しました。プロジェクトの進め方を確認するとともに、メンバーのみなさんから、参加に至った動機やプロジェクトへの期待などをお聞きしました。いよいよプロジェクトスタートです!

by 大森

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

SHARE ON