MENU

行政との取り組み

これからの地域づくりに、新たな協働の仕組みを

 

急速な少子高齢化や人口減少が進み、地域社会の構造が大きく変化するなかで、行政機関は、地域の課題解決を推進していく重要な舵取り役を担っています。

 

厳しさを増す財政の中で、住民との連携・協働をいかに効果的なものにしていくか、地域内外の人や資源をどのように活かし豊かな地域づくりを目指すのか、自立した地域経営のあり方をどのように確立していくか・・・。

 

住民が自らのスキルや専門知識を発揮しながら地域の課題解決に取り組む「プロボノ」は、自治体が直面する地域づくりの課題解決や新たな挑戦を乗り越えるための具体的で実効性の高い施策となります。

 

「地域づくりを担う団体の活動を活性化し、組織基盤を強化していきたい」

「観光業・農業などの地域産業、市民活動・NPO等に新しい風を吹き込みたい」

「特色ある重点施策を地域内外に発信し、共感や参加の輪を広げていきたい」

 

こうした想いを持つ自治体のみなさまとともに、プロボノを通じて、より本質的な「協働」のあり方を模索しています。

 

これまでの協働実績はこちらから

 

 

SHARE ON