MENU

プロジェクト紹介
青葉GoGoクラブ

プロジェクト
活動運営マニュアル
プログラム
ハマボノ
エリア
神奈川県
進捗率
完了
団体名
青葉GoGoクラブ
SDGs

神奈川県転倒予防医学研究会 青葉GoGoクラブは、2018年からスタートした、高齢者の交流と健康づくりを目的とした活動です。転倒予防の体操を行うだけでなく、 “ワクワクドキドキ”を感じられるレクリエーションも含めたプログラムを作り上げています。
プロボノでは、今後ボランティアを増やしていくため、クラブの運営を支えるコーディネーターとボランティアの活動内容やこれまで積み上げてきたノウハウを棚卸し、マニュアルを作成します。運営のポイントとなる、ちょっとした支援(認知症の方も含む)を必要とする方々を受け入れるためのエッセンスも抽出することで、新しいボランティアの方が安心して活動できるようになることや、同様の活動が区内外に広がっていくことを目指します。

※一般のプロボノワーカーとママボノとの混合チームでプロジェクトを行います。

 

 

進捗状況

リーダー:
斉藤さん 高嶋さん
メンバー:
柴田さん 橋本さん 広島さん 藤田さん 星さん

2020.01.23

最終提案を実施しました。今までの見学やヒアリング、成果物の試運用結果をもとにした2種類のマニュアルとカードをご提案し、その場でフィードバックを受領しました。今後の活動へのちょっとしたご提案や成果物の活用法に関して闊達な議論を行うことができました。青葉GoGoクラブさんからは「今まで活動を軌道に乗せることで精一杯で把握しきれていなかった業務全体がプロボノによって見える化され、スタッフ内で前向きに業務を考え直すよい機会となった」と喜びの声をいただきました。

2020.01.09

運営当日にボランティアの方に使っていただくカードのトライアル運用を実施しました。アンケートでフィードバックもいただき、更に使いやすい成果物になるようブラッシュアップしていきます。

2019.12.19

改めて現場の見学を実施しました。また、マニュアルに記載する内容を更に深堀りするため、ボランティアの方へのアンケートも行っています。

2019.12.09

中間提案を実施しました。ヒアリングの結果見えてきた業務の流れやボランティアさんの仕事について認識合わせをし、最終成果物のイメージをすり合わせることが出来ました。

2019.11.27

11月18日、21日、27日にボランティアの方へのヒアリングを実施しました。ヒアリングが進むにつれ、青葉GOGOクラブさんの全体像が見えてきました。

2019.11.14

青葉GOGOクラブの見学を行いました。スタッフの方々や利用者さんと触れ合うことで、活動の意義を感じる有意義な時間を過ごすことができました。

2019.11.09

キックオフミーティングを実施しました。

2019.10.26

オリエンテーションを実施しました。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

SHARE ON