MENU

プロジェクト紹介
シマフクロウ・エイド

繁殖確認調査実施の様子。23年前から毎春実施。
プロジェクト
ウェブサイト
プログラム
サービスグラント(自主)
エリア
北海道
進捗率
完了
団体名
シマフクロウ・エイド

NPO法人シマフクロウ・エイドは、シマフクロウの安定した未来のために、関係地域と一体になってシマフクロウの保護・保全の構築を目指して活動しています。賛同する道内外の個人、団体、企業、行政からの支援や協力のもと、シマフクロウの調査や補助給餌などを通年して実施しています。また、地元小学校での出前授業や講演会・パネル展の開催、関連団体の研修受入れなど、保護・保全と普及・啓発の推進を、地元教育委員会や関係機関と連携して取り組んでいます。
プロジェクトでは、団体のミッションである「地域が一体に取組むシマフクロウ保護」の実現に向けたウェブサイトのリニューアルを行います。

 

地元小学校にて出前授業「シマフクロウ学習」実施の様子。

行政より講演講師を受託し、札幌市民約100名にシマフクロウや保護活動の現状を伝えている様子。

 

進捗状況

アカウントディレクター:
たっちゃん
プロジェクトマネジャー:
さのっち
マーケッター:
くららさん
けんちゃん
情報アーキテクト:
てらちゃん
コピーライター:
アビーさん
ウェブデザイナー:
マメさん

2017.08.01

プロジェクト完了から3ヶ月後、
支援先の関係者の皆さんからのご感想を頂きました。

・団体の思いが、今までは分かりにくかったが、クリアになっている
・地域に根差した環境保全を軸にしていることが伝わる
・寄付が申し込みやすくなった

また、実際の効果として、
・ブログの閲覧数が増えた
・環境問題に貢献したいと探していたところ、支援先のサイトにたどり着いた
・ホームページで分かるような情報の問い合わせが減った
といったことがあったようです。

支援先の皆さんも、ウェブサイトをリニューアルしたことで、
団体のサイトを見て、活動に関心を寄せてもらう人が増えていくと、
日本全体の環境保全の意識レベルも上がっていき、
シマフクロウなど生態系上位種にとっても、良いことにつながるのでは、
と、今後に期待を寄せられていました。

2017.04.07

打ち上げです。

2017.03.28

納品+打ち上げを実施しました。

2017.03.28

制作作業・最終化を実施しました。

2016.12.23

制作ワークショップ(素材確認)を実施しました。

2016.11.18

クリエイティブ提案に対するフィードバックと承認を実施しました。

2016.11.09

ウェブサイトのデザインを提案。
いよいよ成果物のイメージが見えてきました!

2016.10.05

制作プラン提案に対するフィードバックと承認を実施しました。

2016.09.28

制作プラン提案を実施しました。

2016.08.28

提案に対するフィードバックと承認を実施しました。

2016.08.18

マーケティング戦略提案を実施しました。

2016.08.18

ヒアリング以外の調査を実施しました。

2016.08.18

※提案会議の様子は、こちらをご参照ください
https://www.facebook.com/servicegrant/1224055557645397/

by ADたっちゃん

2016.07.18

個別ヒアリングを実施しました。

2016.07.18

活動現場体験・見学を実施しました。

2016.07.18

7/16から7/18の3日間、北海道の浜中町にて、現場見学と12件のヒアリングを行いました。

現場見学は、背の高さよりも高い蓮の葉をかき分けて、原野を進み、倒木を乗り越え、鹿や熊の足跡を確認して、シマフクロウのいる現場の雰囲気を十分に味わいました。

ヒアリングは、シマフクロウ・エイドさまの支援者の方を中心に、それぞれの方々の自然との関わりや酪農、漁業、湿原保護や野鳥保護と多彩な内容でした。

最後に阿寒湖のアイヌコタンでお会いした西田さんのお話しが圧巻でした。動物を神と崇める伝統の中で、その最上位にいるシマフクロウに敬意を払われる姿勢に、現代人の生き様を根底から考えさせられるような感じがしました。

素晴らしい現場見学とヒアリングを設定していただきましたシマフクロウ・エイドの菅野さまに感謝します。

by ADたっちゃん

2016.06.20

キックオフミーティングを実施しました。

2016.06.20

6月20日に、キックオフ会議を行いました。

北海道の浜中町のシマフクロウ・エイドさまとスカイプで。。。と思いましたが、なぜか、繋がらず。。急遽、電話会議で行いました。
サービスグラントの大型スピーカーが大活躍して、無事に進みました。

『浜中町にきて、見聞きすることで、プロボノワーカーのみなさんが大きく変わることを期待していますよ。』という菅野代表の言葉に始まりました。
『同じ説明会を東京と浜中町で、行うとアンケートの結果が、全く違うんですよね。。。』という菅野直子さまの「シマフクロウあるある」が始まりました。。

『今回、お金を払って、ウェブサイトを作ってもらうという選択肢もありましたが、わたしは、プロボノワーカーのみなさまに作ってもらいたいと強く思ったの。。。』
『理由は、プロボノワーカーの方々が、シマフクロウの保護のことを知ることで、どんどん伝播すると思っています。』。。。
熱いなあ。。ここまで言われると。。期待を大きく超えるサイトをつくりたいなあ。。。。

『会員さま向けのシマフクロウ通信には、書きたいことを思い切ってかいているのよ。。』
いいですね。。会員になってしまおうかしら。。。

by ADたっちゃん

2016.06.13

キックオフ事前ミーティングを実施しました。

2016.06.13

キックオフ事前会議を6月13日に開催しました。
アイスブレイクは「他己紹介」を行ってみました。
すっかり、盛り上がり、うちとけたところで、シマフクロウさんの資料の読み込みや進行ガイドで、今後の活動の確認を行いました。

キックオフ事前のあとは、近くの「ウサギ」さんで、軽い懇親会を行いました。いい雰囲気で、楽しい時を過ごせました。

by ADたっちゃん

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

プロジェクト:ウェブサイト
つばめの会
J-heritage
子どもの虐待防止センター
SHARE ON