MENU

プロジェクト紹介
いすみライフスタイル研究所

プロジェクト
印刷物(パンフレット等)
プログラム
行政協働
エリア
千葉県
進捗率
完了
団体名
NPO法人いすみライフスタイル研究所
SDGs

市内の若手商工業者が中心となり「いすみ市を考える勉強会」を実施したことをきっかけに、2008年、いすみライフスタイル研究所を設立しました。「房総・いすみ田舎ぐらし情報センター」窓口を開設し、いすみ市を中心に近隣地域も含めた地域資源の発掘、情報発信と暮らし相談業務を行っています。また、SDGsと「生物多様性の主流化」を意識しながら、夷隅川流域の生物多様性と環境保全活動なども行っています。

現在、注力している事業のひとつは「いすみオーガニック(仮)」の運動推進。いすみ市の策定した生物多様性戦略を実現するために組織された「自然と共生する里づくり連絡協議会」をサポートする活動の総称です。活動にはいすみ市、NPOの他に農業の生産者や市民活動をしている方々も多数参加しています。

ふるさとプロボノでは、「いすみオーガニック(仮)」という運動とその運動を支えている人々を紹介するパンフレットを作成します。活動を市内外に紹介することで、市内でのオーガニックの取り組みの認知拡大、および市外に向けたシティプロモーション、移住定住促進への貢献を目指します。

 

 

進捗状況

プロジェクトマネジャー:
Ted
マーケッター:
きんしょう、すぎちゃん、みっきー
コピーライター:
くずぽん
グラフィックデザイナー:
はたし

2021.01.24

最後の提案となるクリエイティブ提案が完了しました。パンフレットのデザインを中心に説明し、ほぼ内容について合意することができました。
提案後は、生物多様性や有機農業をテーマに、オープンディスカッションを行い、約4か月のプロジェクトを振り返りながら、支援先団体とプロボノチームが意見を交わしました。

by 上原

2020.12.27

クリエイティブの本提案前に、オンラインで中間提案を実施し、表紙のコピー案と、レイアウト案の確認を行いました。内容について具体的に話し合いながら、今後のパンフレットの活用方法にも話が進み、完成がますます楽しみになりました。

by 上原

2020.12.13

支援先団体のもとへお伺いして、制作プランの本提案を行うとともに、団体の活動現場や畑の見学、関係者へのヒアリングを行いました。

by 上原

2020.12.06

支援先団体とミーティングを行い、台割案をもとにパンフレットの具体的な記載内容に関して議論を行いました。

by 上原

2020.11.22

マーケティング戦略提案を実施しました。ヒアリングを行った結果をもとにチーム内で議論を重ねて、支援先団体の目指すビジョンと今回のパンフレットの位置づけ・コンセプト・パンフレットの構成イメージを整理し、支援先団体に提案しました。

by 上原

2020.11.01

個別ヒアリングを実施しました。

2020.11.01

団体のみなさんとのお打合せと、農家の方々へのヒアリングを行うために、いすみに訪問しました。

by 上原

2020.10.18

理事や関係者の方々にヒアリングを行い、団体のみなさんの考え方や、いすみのオーガニックの取り組みに対する理解を深めました。

by 上原

2020.10.18

有機米・有機野菜栽培の現場を見学させていただきました。生産者の方々の貴重なお時間をいただき、すこしお話をお伺いすることもできました。

by 上原

2020.10.18

支援先団体への初回訪問を実施しました!チームメンバー同士も、団体のみなさんとも、対面では初めての顔合わせとなりました。

by 上原

2020.10.10

支援先団体とのキックオフミーティングを実施しました。現地訪問の予定でしたが、台風の影響でリスケジュールとなり、オンラインでのミーティングとなりました。お互いの自己紹介から、団体の活動背景などを丁寧にお伺いでき、活動の意義や内容の理解を深める機会となりました。これからどのようなパンフレットを作っていけるか楽しみです!

by 上原

2020.10.04

オリエンテーションおよびキックオフ事前ミーティングを実施しました。オンラインですが、チームメンバー初の顔合わせを行い、自己紹介、プロジェクト関連資料の読み合わせ、確認事項などを打ち合わせました!

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

プロジェクト:印刷物(パンフレット等)
中野えびす丸
有限会社真砂
WRO JAPAN
SHARE ON