MENU

生活支援コーディネーターのための
明日からできる「プロボノ」活用ハンドブック

生活支援コーディネーターのための
明日からできる「プロボノ」活用ハンドブック

 

平成29年度 老人保健健康増進等事業(老人保健事業推進費補助金)

“地域づくり”という大きな期待と課題を前に、
ひとりで抱え込まず、できる人を探す。
プロボノ・コーディネートの手法をまとめた、実践的手引書。

 

団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年。
日本は、いよいよ、本格的な超高齢社会に突入するといわれています。

 

こうした中、介護保険のサービスだけに頼るのではなく、住民が主体となって介護予防や生活支援を行う「互助」の取り組みを強化すること、つまり「地域づくり」を進めることの重要性が、日に日に高まっています。

 

そこで、いま、住民主体の介護予防の取り組みや高齢者の暮らしをサポートするような活動を広げることで、地域づくりを推進する専門職「生活支援コーディネーター」を、全国各地に配置する動きが進んでいます。

 

生活支援コーディネーターには、地域課題を整理し、活用できる資源を把握し、新しいサービスを開発し、ニーズとサービスのマッチングを図るといった、多岐にわたる期待が寄せられています。

 

しかしながら、複雑な課題を前に、どのように地域づくりを進めていったらよいか悩んでいるケース、地域の中で新しいサービスやつながりを創出できずにいるなど、課題を抱えているケースも多数見受けられます。

 

そこで、この調査プロジェクトでは、生活支援コーディネーターが「プロボノ」とコラボレーションし、地域づくりに向けた課題の解決に取り組んでいくための可能性を検討するとともに、生活支援コーディネーターの目線で、プロボノをコーディネートする実践的手法をまとめたハンドブックをつくりました。

 

ビジネススキルを地域づくりに取り入れることで、地域の課題を解決する選択肢が広がります。同時に、企業で仕事をしてきた経験を持つ人にとっては社会参加の機会にもつながります。

 

主に都市部の地域で活動する生活支援コーディネーターが、自身が担当する地域において「プロボノ」を味方につけて地域づくりを進めるための手法を、できるだけ具体的にお伝えすることを目指しています。あわせて、都市部に限らず、さまざまな地域で多様な人の参加を通じた地域づくりを進めていきたいとお考えの生活支援コーディネーターのみなさまには、ぜひご一読いただきたい成果物です。

 

 

ダウンロードはこちらから

 

▼ 概要版小冊子(PDFが開きます)[16ページ]

「プロボノ」を効果的に活かすことで、地域づくりを進めている事例紹介をはじめ、「プロボノ」とコラボレーションしながら地域づくりを進めるための基本的な方法などをコンパクトにまとめています。

 

別冊「プロボノプロジェクトの進め方」(PDFが開きます)[16ページ]

具体的な事例とともに、プロボノプロジェクトの実際の進め方について詳しく解説しています。上記の小冊子と合わせてご覧いただきたい資料です。

 

本報告書(PDFが開きます)[52ページ]

生活支援コーディネーターへのヒアリング調査、一般の人々に向けたボランティアに関する意識調査などを収録。さらに、上記小冊子・別冊の内容や、プロボノワーカー・地域団体等へのインタビューなどを掲載した報告書全文です。 

 

 

小冊子を無料でお配りしています

 

上記「概要版小冊子(PDFが開きます)」を、無料でお配りしています。
ただし、送料は受取人様ご負担とさせていただきますので、ご理解をお願い申し上げます。
部数に限りがありますので、なくなり次第終了とさせていただきます。
また、原則として、お申し込み1件につき50部までとさせていただきます。それ以上の部数を希望される場合も、お気軽にご相談ください。

 

配布方法には、次の2種類があります。

 

【着払いでの送付による方法】
宅配便の着払いでの受け取りを希望される場合は、(1)所属、(2)お名前、(3)送付先住所、(4)電話番号、(5)メールアドレス、(6)希望部数を電子メール( info@servicegrant.or.jp )宛てにご連絡願います。

【返送用封筒等を事前にお預かりする方法】
サービスグラント宛て(下記「お問い合わせ」参照)に、お届け先と希望部数を明記の上、切手を貼付した返送用封筒・レターパック等を送付いただければ、折り返し、小冊子を同封のうえ返送させていただきます。
 

【お問い合わせ】

特定非営利活動法人サービスグラント
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-2-10 中里ビル4階
電話: 03-6419-4021
電子メール: info@servicegrant.or.jp

SHARE ON