MENU

プロジェクト紹介
病気の子ども支援ネット

病棟での活動 子どもと1対1で遊ぶ一方親に休息を提供
プロジェクト
課題整理ワークショップ
プログラム
サービスグラント(自主)
エリア
東京都
進捗率
完了
団体名
認定NPO法人 病気の子ども支援ネット
SDGs

認定NPO法人病気の子ども支援ネットは、子どもと家族を入院中から退院後までトータルに支援をするために、病院への遊びのボランティア派遣、ハウス・グランマ事業、普及啓発事業を行っています。
ハウス・グランマ事業では、病院の近くにあるマンションの一室で、入院している子どもの家族に休息の場を提供したり、「お母さん食堂」として子どもに付き添う親に食事を提供しています。その他、退院後支援では旅行やお出掛け、子どもを亡くした親の集いの場や相談なども行っています。
今回のプロボノONE DAYワークショップでは、このハウス・グランマ事業において、新しい拠点を設け、活動を拡充強化し、継続していくにあたっての課題整理と解決策について検討します。

 

退院後支援 夏休みに親子交流“ハウスグランマ”にて

お母さん食堂 付き添い家族のための食堂、病室から出れない親に弁当の配達も

 

進捗状況

2020.01.06

提案に対する回答と承認を実施しました。

2019.11.30

プロボノワークを実施しました。

2019.11.30

プロボノONE DAYワークショップを実施しました。支援先団体の課題を整理し、次の一歩となるアクションについて提案を行いました。

2019.09.20

オリエンテーションを実施しました。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

プロジェクト:課題整理ワークショップ
ふらっとステーション・ドリーム
きしゃポッポ
びーのびーの
SHARE ON