MENU
ログイン
プロボノワーカー
のみなさん
団体
のみなさん
閉じる

プロジェクト紹介
イカオ・アコ

1995年活動準備を開始し、2年後に1回目の植林を実施。2009年NPO法人化

マングローブの植林からはじめ、熱帯林の再生事業を行うことなど、環境問題の改善や解決を図るとともに、住民の生活の質の向上と日本・フィリピンの相互理解及び親善を目的として活動中う。

主な事業は、植林事業、安全な水の供給事業、ゴミの減量化・3Rの3つ。

<植林事業>
魚の養殖池への転換や、薪炭や建材を採取するために伐採されたマングローブの再生をネグロス島とボホール島で行っている。

<安全な水の供給事業>
ボホール島では、安全な水を簡単に得ることができない地域が多くある。金銭的に余裕がない住民は、海水混じりの井戸水や汚れた水を使用しており、不衛生な水により、子どもの感染症が蔓延し、乳幼児の死亡率が高い。

<ゴミの減量化・3R>
フィリピンは、海洋プラスチックの流出量が世界3位となっており、廃棄プラスチックに対しても適切な処理がされていない。住民に対して環境教育、ゴミの分別やコンポスト作成の指導を行い、意識の改革に取り組んでいる。

 

子どもたちがきれいな水を利用できるように、小学校に手洗い場を建設

 

進捗状況

2024.07.06

キックオフミーティングを実施しました。

2024.06.29

団体との顔合わせに向けたチームミーティングを行いました。

2024.06.22

キックオフ事前ミーティングを実施しました。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

プロジェクト:事業計画立案
AYA
こうのさと
Social Change Agency
SHARE ON