MENU

プロジェクト紹介
ソーシャルアクションアカデミー「体罰によらない子育ての普及啓発(2021)」

2020年4月に児童福祉法等の改正に伴い「子どもへの体罰禁止」がスタートしました。

日本では親による体罰は一定程度容認されているのが現実で、体罰がエスカレートすることにより、子どもの命を奪ってしまう事件が少なくありません。

親や支援者への体罰禁止の啓発は少しずつですが進みつつある中、子どもの権利についての意識がまだまだ低いのが現状です。
特に、子ども自身が小さいころから自分は「体罰を受ける必要はない」「助けを求められる」と知ることは子どもの心を体を守ることにもつながり、子どもの生きる力を育むことにもつながるでしょう。

ソーシャルアクションアカデミーでは「子どもが体罰を受けなくていい、助けを求められる」ことを知るためのアクションを企画し実行していきます。

 

進捗状況

2021.05.02

アクション実現に必要な資料・ツール等の作成を実施しました。

2021.04.24

SAA3回目アイディアを練る会にて、進捗報告と今後の進め方を議論しました。ターゲットと周囲に対してどのように行動変容を促すのか、具体的な手法が肝になるというアドバイスをいただきました。チーム内で話し合ったアイディアを軸に目的に沿った取り組みへと具体化していくことになりました。

by 本間由佳

2021.04.18

mtgを実施しました。子どもの人権が確保される社会という大テーマのもと、体罰を受けているが虐待と認識できていない子どもにターゲットを仮設定し、次回のSAAアイディアを練る、に臨むことになりました。

by 本間由佳

2021.04.10

ステークホルダーへの個別ヒアリングを実施しました。

2021.04.10

キックオフミーティングを実施しました。

2021.04.10

児童虐待防止全国ネットワークの高祖さんに個別ヒアリングを実施しました。

by 本間由佳

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

SHARE ON