MENU

プロジェクト紹介
青森市ふたご・みつごの会

プロジェクト
短期プロジェクト(組織の体制づくり・運営改善提案)
プログラム
行政協働
エリア
青森県
進捗率
50%
団体名
青森市ふたご・みつごの会
SDGs

2021年2月から青森市内で活動開始。双子を持つ母親同士で集まり、気軽に困りごとや悩みを共有できる場を設けたいと、当事者自身が立ち上げた団体です。現在、会員として16組の双子の親が登録しています。対面で全員が集まる機会はとても貴重ですが、普段はSNSでもつながっています。
親同士の情報交換により、少しでも多胎育児が楽になる社会、街を目指しています。

今回のプロジェクトでは、組織の体制づくり・運営改善提案を実施します。双子・三つ子の育児中・妊娠中の方々が安心して集まれる場をゆるやかに継続していくためには、関わるメンバーの状況や受けられるサポート、既存団体の事例等も踏まえた無理のない体制づくりが求められます。
現状は立ち上げメンバーに運営が集中していますが、まずは運営体制を整えることで、活動の告知や運営サポート人員募集のステップに進めることを目指します。

 

 

進捗状況

リーダー:
いっぺいさん
メンバー:
あおやまさん むらさん かとうさん 船木さん

2021.10.16

中間提案ミーティングを実施しました。

2021.10.02

全プロジェクトチームで、青森プロボノチャレンジ中間共有会を開催しました。プロジェクトチーム混合のグループワークで、進捗共有や、プロボノワークの課題や工夫を話しあい、プロジェクト後半に向けた情報共有をしました。

2021.09.25

収集した情報のまとめと分析を実施しました。

2021.09.24

個別ヒアリングを実施しました。

2021.09.04

オリエンテーションと同日の午後、団体の皆さんもお迎えしてキックオフミーティングを開催しました。各チームで、活動の概要やプロジェクトの目標設定のヒアリング、今後のヒアリング対象者やスケジュールの確認を実施しました。

2021.09.04

2か月間の青森プロボノチャレンジがスタートしました!4チーム合同でのオリエンテーションをオンラインで実施しました。チームでの自己紹介、午後のキックオフミーティングに向けて団体への質問事項の整理などを行いました。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

SHARE ON