MENU
ログイン
プロボノワーカー
のみなさん
団体
のみなさん
閉じる

プロジェクト紹介
グリーンウッド自然体験教育センター

長野県泰阜(やすおか)村で、日本の自然環境を活用した自然体験教育を推進し、青少年が「心の豊かさ」や「生きる力」を育むための多彩な自然体験教育プログラムを実施しています。活動としては、日本最長の一年間の自然体験「山村留学暮らしの学校だいだらぼっち」や全国のこどもたちが参加する「信州こども山賊キャンプ」をはじめ、学童や指導者養成など、幼児から大学生、地域づくりや企業の人材育成を行っています。

教育プログラムの特徴としては、「不便」という僻地山村の暮らしの営みであり、かつ、待っていても何も産み出せない自然と「関わらざるを得ない」状況の中で、①異年齢による協働生活体験、②自然体験、③子ども達の意志決定や選択などに自由を持たせる活動といった点があります。

今後、家庭の経済状況による教育格差・体験格差という社会課題の解決に向け、企業を含めた寄付などを募り、経済的に余裕がない家庭の子どもや児童養護施設の子どもにも、キャンプ等への参加等の機会を提供していきたいと考えています。また、これまで培った教育プログラムの価値やノウハウを、教員育成や他団体のスタッフの育成を通じて、社会に波及していきたいと考えています。

プロジェクトでは、課題についての整理や優先順位付けを行ったうえで、課題解決に通じる情報収集や成果物の提供を行います。

 

 

進捗状況

2023.12.15

成果物の納品が完了しました

2023.12.08

2日目を実施しました。各チームが事前に準備した成果物を団体に提案を行い、またその後にアクションプランも検討・提案をしました。

2023.11.22

1日目に作成した、整理したい課題と課題解決につながる成果物のスコープをまとめたレポートを団体に提出しました。

2023.11.14

1日目を実施しました。団体とオンラインですが直接お会いしディスカッションしながら、課題を整理し、2日目に向けてチームで支援する成果物を決めました。2日目に向けて、各チームで作業を進めます。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

プロジェクト:課題整理ワークショップ
ほっとネット・みわ
だっぴ
よこはま里山研究所
SHARE ON