MENU

プロジェクト紹介
菊池川おおかわの会

おおかわ(菊池川)の恵みを理解し、分かち合い、生かし、もって流域に暮らす人々と訪れる人々との交流を図り、皆が幸せに暮らせる地域づくりを目的に、2017年から活動を始めました。

国土交通省の支援を受けて策定した「高瀬地区かわまちづくり計画」をきっかけに、「菊池川」と「高瀬のまち」をつなぐ楽しい活動を少しずつ続けてきました。高瀬船着場跡と、鶴の河原河川緑地など菊池川流域にて、菊池川の自然や歴史、文化を理解するための活動や、交流促進のイベント開催などを通じて、菊池川の魅力を発信しています。
現在は主に年4回のイベントとして、6月に「菊池川あそび」、7月に「水辺で乾杯!」、8月に「大人の観覧席」、11月に「菊池川ハゼ並木清掃保全活動」を行い、菊池川や地域の魅力に気づく人が増えてほしいと活動をしています。

イベントを開催するごとに参加者は増えてきて、菊池川の利活用の取組みを実施する団体として活動も認知されてきています。一方で、将来的には、責任をもって菊池川の利活用と維持管理を行ってくれる団体や企業へと、活動を引き継いでいきたい思いがあり、今後の活動を支える新たな運営体制の検討や、コアメンバーに集約されている運営業務の可視化が求められています。

そこでプロボノプロジェクトでは、運営業務の棚卸・整理・可視化をマニュアルとしてまとめ、新たな運営体制の検討へつなげることで、菊池川を持続的に利活用・維持管理することに貢献することを目指します。

 

菊池川あそび「玉名かるた」

水辺で乾杯!

大人の観覧席

 

進捗状況

マーケッター:
粕谷さん 東口さん 井澤さん 長谷川さん 木幡さん
プロジェクトマネジャー:
鈴木さん

2022.03.26

成果提案に対して団体からいただいたフィードバックに、プロボノチームとして対応を行い「最終成果物」を納品しました。プロジェクト完了です!

2022.03.21

昨日の成果提案MTGでのディスカッションをもとに、現地滞在メンバー4名と東京メンバー2名をリモートでつないで、チームミーティングを行いました。できる限りディスカッション内容を反映させて、精度を高めた「成果提案資料」を送り、団体からフィードバックをいただきたい、団体に寄りそったMTGとなりました。

2022.03.20

団体活動を見学した後に、成果提案ミーティングを実施しました。まずは、中間提案ミーティングで伝えたヒアリング内容のまとめや、「運営マニュアル」作成の方向性等を改めて共有。それに基づいて作成した、3つの活動マニュアルについて、一つ一つ提案を行いました。これまでコアスタッフの経験で動いてきた活動の多さが可視化されたことで、「こんなにも多くのことをしていたんですか」「でも、イベントのスケジュールや、作業内容や役割が見えたことで、出来ることがあると思いました」と言った声があがりました。
その後、質疑応答と意見交換を行い、最後は参加者全員で「菊池川」を表現した記念写真を撮影しました。

2022.03.19

感染対策を行って、メンバー4名が現地訪問を行いました。初めて目にする菊池川や、玉名の歴史的な風景、雄大な自然と豊かな食文化。団体の方にご案内していただきながら、これまでリモートや画像等で見てきた「玉名」をリアルに感じる時間となりました。

2022.03.12

来週の成果提案ミーティングに向けて、チームミーティングを行いました。これから加筆・精緻化していく内容や、抜け漏れがないか、成果物は使いやすいか等、「団体の役に立つ」ものとなるように話し合いを重ねました。

2022.03.11

中間提案を経て、成果物を作り込んでいくため、コアスタッフに追加ヒアリングを行いました。

2022.03.06

中間提案ミーティングを実施しました。ミーティングの目的とゴールを確認してからスタートしたミーティングは、終始和やかな雰囲気で進み、団体とチームが重ねたヒアリングによって、新たな関係性が生まれはじめていることを感じました。
ミーティングでは、まずこれまでチームが収集したヒアリング結果をまとめ、その現状把握を根拠として「マニュアル作成の方針」を提案しました。そして、3/21の最終報告に向けた追加ヒアリングの日程調整を行い、今後の制作内容を調整しながら、最後は「思い思いの、まだ見ぬ“おおかわ”」を表現して記念撮影をしました。

2022.03.05

これまでプロボノチームが収集したヒアリング情報のまとめと分析を実施しました。また、成果物である業務運営マニュアルの作成を進めていくにあたり、明日の中間提案ミーティングで提案する内容についてチームミーティングでディスカッションしました。

2022.03.03

団体スタッフや関係者の方など、5名の方に個別ヒアリングを実施しました。

2022.02.26

イベント活動を実施するための計画や申請書類、チラシなど、団体が作成している資料の全体像を整理しました。

2022.02.26

来週の「中間提案ミーティング」に向けて、資料作成の枠組みや個別ヒアリング結果のまとめ、提案骨子、作成スライド等の役割分担を話し合うチームミーティングを行いました。

2022.02.22

団体活動の現状把握のため、コアスタッフの方に計3回のヒアリングを実施しました。

2022.02.19

ステークホルダーへのヒアリングの後に、これまでのふりかえりや、成果物のイメージ、今後のヒアリングの進め方などをチームミーティングで話しました。

2022.02.12

キックオフミーティング後、初のチームミーティングを行いました。「使いやすい成果物とは何か」を軸に、中間提案に向けた次のアクションや、今後の進め方を検討しました。

2022.02.06

キックオフミーティングを実施しました。お互いの自己紹介や、団体から活動紹介をしていただき、プロジェクトの目的や進め方、成果物について2時間じっくり話をしました。その後プロボノチームは、そのままチームミーティングを行い、次のステップに向けて何をしていくか話し合いました。

2022.02.05

オリエンテーションを2チーム合同で実施しました。ふるさとプロボノや玉名市のことをご紹介しながら、プロジェクトについてチームミーティングを行いました。

2022.02.05

オリエンテーションの最後は、2チーム一緒に集合写真。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

SHARE ON