MENU

プロジェクト紹介
桜上水四丁目町会

安否確認訓練 ブリーフィング風景
プロジェクト
業務整理と運営改善提案
プログラム
行政協働
エリア
東京都
進捗率
15%
団体名
桜上水四丁目町会
SDGs

桜上水駅の南北にまたがる四丁目地域は、駅のほど近くから住宅街が広がり多くの学校が点在する、のどかな雰囲気のエリアです。「桜上水四丁目町会」は特に10年ほど前から、災害など有事に隣人同士が助け合えるつながりづくりに取り組んできました。3年前には今後の震災の発生を想定した「安否確認訓練」を始め、地道な声かけを続けたところ、今では町会に加入する8割の住民が参加するまでになりました。さらに町内の住民の顔合わせの機会として「四丁目交流会」も開催。次世代に町会活動を継承し、多様な住民同士のつながりを育んでいけるような活動に力を入れています。

住民への直接の声かけや月1回発行の「四丁目通信」等での丁寧なお知らせを通じて行事の参加者は増えても、役員メンバーの固定化、高齢化が課題となっています。次世代へつないでいくためにも、町会活動への「参加者」から少しずつ「運営者」にもなってもらえるような仕組みが必要です。今回のプロジェクトでは、特に「安否確認訓練」「四丁目交流会」の活動を対象として、役員以外の住民にちょっとしたお手伝いから運営に参加してもらえるような役割を切り出し、業務フローを整理します。また、手伝いに手を挙げてもらえるような伝え方や言葉の表現を検討しチラシ等の形で納品します。

 

四丁目交流会 昼食風景

四丁目交流会 里光さん高座風景

安否確認訓練 ピンクの旗が出ている風景

 

進捗状況

リーダー:
高木さん 豊嶋さん
メンバー:
阿部さん 手嶌さん 筧中さん 三井田さん

2020.10.16

支援先団体とママボノチームの顔合わせである「キックオフミーティング」を実施しました。10日前のオリエテーションから今日までの間に団体への確認事項や質問などを整え、プロジェクトスタートのための確認を行いました。いよいよプロジェクトが本格的にスタートします。

2020.10.06

オリエンテーションを実施しました。

2020.10.06

東京の全10チームがオンラインで集合し、オリエンテーションを実施しました。プロジェクトの説明を聞いた後、チームに分かれ、自己紹介と共にプロジェクトの進め方について検討をしました。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

SHARE ON