MENU

プロジェクト紹介
ア・ドリーム・ア・デイ IN TOKYO

ア・ドリーム ア・デイ IN TOKYOは、難病児とその家族に対して、難病児の夢の実現として、家族との首都圏への旅行を支援している団体です。

2007年に活動を開始し、毎年10家族前後の旅行を支援しています。
1家族6〜8人(本人・両親・きょうだい・祖父母まで含む)が、平均3泊4日で、主に首都圏の娯楽施設を旅行します。

団体の特色として、
・人口呼吸器を使っていて意思表示が難しい子どもも対象(旅行実績の7割以上がこのケースに該当)
・移動に同行(医師と事務局スタッフが飛行機に同乗)
・旅程が自由(子どものリクエストベースで事務局スタッフが旅程を作成)
が挙げられます。
また、旅行中の家族に同行する6〜8名の企業ボランティアの多くが10年以上関わっていることも特徴です。

現在、 事業の継続性を目的に、企業小口寄付を中心とした収益基盤の転換を進めており、今回は、寄付者の管理業務が手作業の部分を効率化することにより、組織化を促進し、事業の拡大を図ることを目的とします。

 

病児の兄弟姉妹達にも笑顔の時間を

病児の飛行機移動に同行するドクター

 

進捗状況

メンバー:
今井さん 興津さん 酒井さん 多武さん 本多さん 姚さん

2020.07.05

支援先のボランティアの方に、ヒアリングを実施しました。

2020.06.30

支援先のボランティアの方々などに、ヒアリングシートを送付し、ご回答いただきました。

2020.06.12

支援先との打ち合わせを、オンラインで実施しました。
現状の管理業務の確認や、今後のインタビューの段取り等について、打ち合わせを行いました。

2020.05.19

キックオフミーティングを実施しました。

2020.05.19

支援先との初顔合わせとなる、キックオフミーティングを、オンラインで実施しました。
事前に用意した資料と質問リストに従い、2時間じっくりと支援先やプロジェクトに関することをお聞きしました。
支援先の方の「いつも一人でやっているので、こういう機会はとてもありがたい」という言葉が印象的でした。

2020.05.17

チームミーティングをオンラインで実施しました。
キックオフミーティングに向けて、質問リストの読み合わせと整理を行いました。

2020.05.12

チーム初顔合わせとなる、キックオフ事前ミーティングを、今年度のチーム合同でオンラインで実施しました。
NPOやプロボノの基本的な理解を得るための講義のあと、チームに分かれてキックオフミーティングに向けての準備を進めました。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

SHARE ON