MENU

プロジェクト紹介
STS GALLERY

プロジェクト
マーケティング基礎調査
プログラム
サービスグラント(自主)
エリア
大阪府
進捗率
完了
団体名
STS GALLERY

STS GALLERYは、症状が少し落ち着き、これから就労を目指そうと考えている精神障害者の方々を対象とした地域活動支援センターです。社会福祉法人そよ風が運営し、法人内には別に通所施設が1つ、グループホームが4つ、相談支援事業所が1つあります。
こころの病気がある人、ない人に関係なく、自然にモノをつくる人が集まる場所に。利用者が自信や誇りを取り戻す場所にしたい、と手縫いで作る皮革小物ブランド「STS GALLERY」を立ち上げ、小物やアクセサリーを中心としたオリジナルの商品製作を行っています。
「STS GALLERY」は皮革小物ブランドとして認知されている一方で、精神障害者の就労を支援する施設としての認知度が低く、なかなか利用者に集まってもらえないという課題があります。
そこで今回のプロジェクトでは、精神障害者施設としての認知度を向上させるための調査、課題整理を行い改善提案を実施します。

 

 

進捗状況

アカウントディレクター:
岡林さん
プロジェクトマネジャー:
山蔭さん
マーケッター:
木村さん
裵さん
中西さん
増井さん

2017.12.02

最終提案を行いました。また、ミーティング後はSTS GALLERYの磯林さん、井畑さんにもご出席頂き、プロジェクトの打上げも行いました。約半年間でしたが、本プロジェクトを通じて、チームの皆さんやSTS GALLERYの皆さんに良い変化が訪れることを期待しております。皆さん、本当にお疲れ様でした。

2017.10.13

中間提案の内容が承認されましたので、本日はチームの中間打上げを行いました。残り1.5ヶ月。チームの皆さんには思い残すことの無いようにがんばって欲しいです。

2017.10.02

調査方針提案を行いました。結果は、調査内容・課題に対する提案内容の何れについても、とても納得して頂くことができました。今後は、提案内容を磯林さんたちに実行して頂けるよう、営業ツール作成支援に移行します。マーケティング基礎調査の枠を超えた支援となりますが、チームの皆さんはやる気十分です。そして、ミーティング後はチームでランチタイム。プロボノの楽しみの一つです。

2017.09.14

キックオフミーティングよりおよそ2ヶ月間にわたり、精神障害者の方々を支援する様々な福祉サービスについて、法律面で前提となるポイントや近隣にある支援施設動向の調査、医療機関や仲介施設へのヒアリングを行いました。 その結果に基づき、9/23の調査方針提案に向けた仮説づくり、利用者増加のアイデア出しの話し合いが毎週のように行われています。難しい課題ですが、皆さんの努力により、少しづつ解決策が見えてきました。

2017.07.01

「支援施設とか関係なくかっこいいことをやりたい」と言い切る施設長の磯林さん。メンバーそれぞれが持っていた施設のイメージが払拭されるとともに、STS GALLERYさんのビジョンに全員が共感。精神障害をもつ方々だけでなく、他の社会的弱者の方々にとっても「働く」という当たり前のことができる場所づくりを目指し、モチベーションの高まりを抑えきれないキックオフ・ミーティングとなりました。

2017.06.17

プロボノ初参加の方々を中心としたフレッシュなチームでがんばります。

SHARE ON