MENU
ログイン
プロボノワーカー
のみなさん
団体
のみなさん
閉じる

プロジェクト紹介
東京都障害者スポーツ協会

「いつでも どこでも いつまでも」をテーマに掲げ、障害のある人が、身近な環境で継続的にスポーツに取り組むことのできる社会の実現に向けて活動しています。都内2か所(王子・多摩)の「障害者スポーツセンター」及び調布の「パラスポーツトレーニングセンター」の運営をはじめ、障害者スポーツ団体の支援(助成事業)、大会や教室の開催、全国大会への選手団の派遣、選手育成事業等、その活動は多岐に渡ります。
加えて、スポーツの価値を毀損しかねない不祥事の発生を防止し、またスポーツの価値を一層高めていくために、都域の障害者スポーツ競技の統括団体を対象に、スポーツ庁が定める「スポーツ団体ガバナンスコード(GC)<一般スポーツ団体向け>」の遵守状況に関する自己説明及び公表を促進しています。

スポーツの価値を守り、高めていくために、スポーツ団体が適正なガバナンスを確保することは必要不可欠という観点から、2019年にスポーツ庁が「スポーツ団体ガバナンスコード」を策定しました。
都域の障害者スポーツ団体を管轄する東京都障害者スポーツ協会(都障協)でも同様に、スポーツの価値向上と都域障害者スポーツ団体活動の透明性確保を目的として、セルフチェックシート(※)によるアセスメントの推進、またその状況をホームページ等を通じて外部に示していきたいと考えています。
都障協管轄領域の全国大会等対象競技団体(13団体中6団体)は実施が努力義務であることからも、セルフアセスメントの実施と公表ができていませんが、令和7年には公表が必須になることが見込まれています。
現状では、GCの正しい理解促進と継続したアセスメント体制確立の徹底を促す具体的方策がない状況です。

東京都障害者スポーツ協会との協業による、都域障害者スポーツ団体向けGCの正しい理解促進と継続したアセスメント体制確立にむけて支援します。
【手順案】
●マニュアル案を一旦作成(プロボノチーム+都障協)
●模擬的なセルフチェックシート記入を未公表団体へ依頼+改善点のヒアリング
●リバイズしてセルフチェックシート、マニュアルを作成
●セルフチェックシートの正しい使い方を伝える資材(例:動画説明含む)を作成し、マニュアルと同時に配布

※スポーツ庁作成ガバナンスコード、セルフチェックシート
 https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop10/list/detail/1420888.htm

 

進捗状況

プロジェクトマネジャー:
塚原さん
マーケッター:
有村さん、原さん、上田さん、田川さん
アカウントディレクター:
北場さん

2023.12.27

中間提案に対するフィードバックと承認を実施しました。

2023.12.23

久々の更新になります。無事中間提案を終了しました。タイトなスケジュールの中、各メンバーが役割を全うし、質の高い提案となりました。本日は残念ながら東京都の方々の参加が叶いませんでしたが、写真からこの熱量、温度感が伝わればいいなと思います。まだ道半ば、フィードバックをしっかり反映して、さらなる高みを目指します。

by ADきたばん

2023.12.17

中間提案事前ミーティングを実施しました。

2023.12.14

7つの競技団体の皆様にご協力いただき、ヒアリング実施が完了しました。また、2つの競技団体からはアンケート回答にご協力もいただきました。

2023.12.06

外部環境調査を実施しました。

2023.12.06

スポーツ団体を支援するチームが集まり、情報交換会を実施しました。各チームの進捗や工夫点、課題について共有し、今後の進め方についての議論を行いました。

by 事務局

2023.10.17

都障協、東京都、プロボノチームの初顔合わせ。都障協のビジョンに共感するみなさんで建設的なディスカッションを行いました。ホームページを見るとちょうど11競技のアイコンがならんでいましたので、それらをカバーする11名のスクリーンショットを揃えてみました。今後のジャーニーが楽しみです!

by ADきたばん

2023.10.13

キックオフミーティング前の打ち合わせを実施しました。しかもレアな対面会議です。自身で写真を撮っておきながらですが、素晴らしくいい写真です。さくさくっと決めごとが進んでいき、私のニックネームまで勝手に決めてくれました(笑)。AD北場→きたばん。次回以降は、こちらの兼ペンネームで進捗報告を行います。

by ADきたばん

2023.10.06

キックオフ事前ミーティングを実施しました。都障協の頭文字(T)でメンバーを表現してみました。(T)とても、(T)楽しい、(T)頼りになるメンバーとの出会いに感謝です。今後の更新もお楽しみください。

by AD北場

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

SHARE ON