MENU

プロボノアカデミー

プロボノコーディネーターのための実践的方法論を伝える講座プログラム

 

 

日本には、約5万件のNPO法人が存在し、法人格を持たない任意の地域活動団体はその10倍以上存在すると考えられます。数多くの団体が、社会課題の解決や地域単位での助け合いの推進に向けた担い手として活動するなかで、活動を継続・展開するうえで数々の運営上の課題を抱えています。

また、企業等で活躍するビジネスパーソンやクリエイター、さらに退職者や離職者などを含め、プロボノ活動に参加している人は現状ではごく一部に限られています。しかし、潜在的にプロボノ活動に参加する可能性がある人は数多く存在していると考えられます。

 

ソーシャルセクターとビジネスパーソンとのつながりを生み出すプロボノ活動が、全国各地で、きめ細かく広がっていくためには、両者をつなぎ、プロボノプロジェクトを立ち上げ、運営する、コーディネーターの存在が求められます。

 

「プロボノアカデミー」は、プロボノプロジェクトの運営に必要となる、基礎知識や考え方を伝え、プロボノコーディネーターとして活動するための実践的な方法論を伝える講座プログラムです。プロボノアカデミーは、2~3時間程度の、座学スタイルの講義を3回程度のカリキュラムを組んで行います。

プロボノアカデミーの開催にあたっては、受講者が、サービスグラントと連携しながら、プロボノプロジェクトを自ら試行的に運営している、もしくは、プロボノプロジェクトに推薦者・協力者として関わっているなど、プロボノプロジェクトの実践とセットで行うことを前提としています。

プロボノプログラムの立ち上げ段階でサービスグラントと協働し、将来的には、地域が主体的にプロボノプロジェクトを運営できる状態を目指す場合に、「プロボノアカデミー」の開催をご提案します。

 

【これまでの実施実績の例】

SHARE ON