MENU

プロジェクト紹介
胃癌を撲滅する会

ブータンダワカ地区での住民のピロリ菌検診の様子
プロジェクト
業務フロー設計
プログラム
企業協働
エリア
東京都
進捗率
完了
団体名
胃癌を撲滅する会
SDGs

途上国に多いピロリ菌由来の胃癌の予防と早期発見治療を推奨し、人々が健康に暮らせることを最終目的に、胃癌の撲滅を目指して活動しています。

日本はかつて世界で有数の胃癌多発国で、胃癌の診断治療、予防技術は飛躍的に向上し世界トップレベルにあります。これらの医療技術を教育機会に恵まれない胃癌の多発する途上国の医療関係者と共有し、ピロリ菌を主たる感染源とする消化性潰瘍、胃癌の早期発見と撲滅に寄与することを目指しています。

<主な活動>
1)途上国でのハンズオンによる技術・啓発支援
胃癌が多発する途上国(例:ブータン)に、日本人専門家が訪問し、現地の医師に対し内視鏡やピロリ菌発見のための医療教育活動を実践しています。

2)e-lerningを通じた医学教育活動
途上国や日本国内の過疎地区で働く医師に対し胃がん予防治療に関する教育動画をホームページより無償で発信しています。

現在、業務遂行のほとんどが代表理事に集中している状況があり、組織運営に必要な事務作業の見える化、共有を進めることが求められています。

業務内容を一度整理し、これからのあるべき姿を定めることで、必要に応じて組織内外の適切な協力者を獲得したり、負荷の軽減・分散を図るなど、持続可能な体制づくりにつながる支援をプロボノチームが取り組みます。

 

ブータン人医師にハンズオンで内視鏡を教える日本人内視鏡専門家

 

進捗状況

プロジェクトマネジャー:
三好さん
マーケッター:
北原さん 西村さん 政所さん
ビジネスアナリスト:
後藤さん 東條さん
テクニカルライター:
迎さん

2021.12.19

納品・引き継ぎ・打ち上げを実施しました。
職場はもちろん普段の業務も全然違う7人が、胃癌の撲滅という大きなテーマを掲げて世界で活躍する団体の業務フロー設計に取り組みました。前半は、たくさんのヒアリングを行い、必要な業務を徹底的に洗い出し、後半は業務を担当する方と具体的な作業をベースに団体の目指す姿を達成できるようにワークフローを作成しました。

2021.12.12

業務ツール制作を実施しました。

2021.09.29

団体メンバーの先生方からも会の方向性に関する思いや意見が闊達に交わされ、改めて団体の強みと補強すべき課題点について全員の認識共有がはかられる場になりました。

2021.09.26

中間提案を実施しました。

2021.09.21

業務一覧・業務フロー設計【to-be】設計を実施しました。

2021.09.21

業務一覧調整・制作ツール検討を実施しました。

2021.09.20

中間提案事前ミーティングを実施しました。

2021.09.12

これまでの活動総括および各主体のニーズの把握・分析・課題などのまとめ案の作成や、会の運営に必要な業務の洗い出し、構造的課題分析と提案について、議論を行いました。

2021.09.05

業務一覧・業務フロー設計【as-is】作成を実施しました。

2021.08.22

個別ヒアリング(外部)・外部環境分析を実施しました。

2021.08.22

中間提案に向けた団体との打ち合わせに向けて、チーム内での検討を行いました。

2021.08.22

チームミーティングを実施し、as-isの骨子ができてきました。

2021.08.19

4th Bhutan-Japan Train the Trainers(第四回ブータン日本TTT会議)をオンラインにて見学しました。
TTT会議は、ブータンの医科大学や病院、及び日本の大学などが参加する胃癌診断についてのケーススターディーを中心とした指導医のための研修会です。
コロナ渦で不自由な事も多々ありますが、コロナ渦でなければありえなかった貴重な活動を知る機会となりました。 by 堀久仁子

2021.08.09

個別ヒアリング(内部)・業務分析を実施しました。

2021.08.08

7月22日〜8月8日までに、日本及びブータンのNPO理事、会員、関係者の方15名へのヒアリングを実働7日間実施しました。
大学の医学部長、教授などなど世界的な権威の方々を中心に緊張することばかりでした。残すところは、団体が活動しているブータンの医科大学の方へのヒアリングです。

2021.08.01

週末ごとにたくさんの方へヒアリングさせていただいています。活動への理解が深まるとともに、ミッションの達成に向けて活動される団体の志の高さに驚いています。

2021.07.25

連休はヒアリング祭となりました。たくさんの方に団体の活動をお伺いし、団体への理解を深めています。

2021.07.18

NPOの理事長に、NPO運営業務の全体像を伺い、今後の関係者の個別ヒアリングの進め方などを協議しました。
団体の事務連絡会にも同席させていただき、NPO運営の「リアル」の一端にも触れることができ、非常に濃密な一日となりました。

2021.07.11

4回目のチームミーティングを開催し、来週予定されている、支援先への初回ヒアリングに向けての準備作業を開始しました。

2021.07.10

支援先から代表理事様、事務局長様はじめ5名の方、プロボノチームよりの7名が参加し、リモート会議でキックオフミーティングを無事開催することが出来ました。

事前資料では読み取り切れなかった活動への強い思いや今後のPJへのご期待を再認識できました。
支援先からも全員のプロジェクトへの思いが共有できた打ち合わせになったとの総括を頂け、メンバー一同で今後とも少しでも貢献をしたいという思いを、新たにし全員で”H”ポーズで今日の顔合わせの思いを残すことが出来ました。

2021.07.04

キックオフミーティングに向けた第二回チーム・ミーティングを実施しました。
初めての団体さんとの打ち合わせの準備に、メンバー一同が緊張感満載でしたが、前回より更に闊達な議論を行い、大筋の当日のご報告内容が固まりました。

いよいよ来週は、「キックオフミーティング」です!

2021.06.27

キックオフミーティングに向けたミーティングを実施しました。支援先の活動・理念などへの理解を深めることが進みました。あと1回でチーム内で検討をし、いよいよ「キックオフミーティング」です!

2021.06.19

キックオフ事前ミーティングを実施しました。お互い初めての顔合わせでしたが、それぞれのキャラ・特質が出てユニークなチームが誕生したことを実感できました。いよいよ始まります!

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

プロジェクト:業務フロー設計
まなびと
築地町自治会
ギフモ株式会社
SHARE ON