MENU

プロジェクト紹介
日本国際社会事業団(ISSJ)

国境を越えた福祉問題の相談に応じる民間団体です。戦後の孤児救済などのために発足した団体を前身に1959年厚生省(当時)から社会福祉法人として認可されました。国連の諮問機関ISS(International Social Service)日本支部。ISSの各国支部や、省庁、裁判所、病院、福祉施設、学校などと連携して、ソーシャルワーカーが相談に応じています。

〇養子縁組支援
外国につながる子どもを含めた養子縁組や、 養子からのルーツ探しのサポート、面会交流のサポートを行っています。

〇外国籍の方々への各種支援、
外国につながる子どもの国籍取得、移住者・難民の相談支援(生活、医療、育児など)、コミュニティ支援(「生活者 としての 外国人」 のための日本語教育事業など)を行ってます。

相談者の抱える課題が複雑化する中でも、今後より多く相談を、専門性を高めながら、受けていきたいと考えています。
そのためには、様々な相談があった際の履歴や、その利用者の家族へのサポートなども検索がしやすい形で残し、丁寧な対応をしていく必要があります。また、履歴をベースに団体の活動としてどれだけの人をどのように支援をしているのか実績を示し、寄付を募り、スタッフの採用や育成をしていく必要があります。
ただ、現在の利用者に関するデータベース(Access)は、複層的な課題や利用者が年齢を経ることで増える家族への対応履歴などが検索しやすく残せない状態です。また、各種報告書や寄付のための広報で実績を出そうとしても、テキストベースの履歴を検索するしか方法がなく、正確な数値が容易に出せる状態ではありません。

プロボノプロジェクトでは、利用者のデータベースの現状の課題、利用状況などをヒアリングした上で、理想的なデータベースの再定義を行い、実現方法について提案を行います。

 

 

進捗状況

チームメンバー:
ヴィネイさん 尾北さん 佐久間さん 土谷さん 戸田さん

2021.09.14

オリエンテーションを実施しました。

2021.09.14

チームの初顔合わせであるオリエンテーションを実施しました。プロジェクトの進め方を確認した後は、チームごとに分かれ、プロジェクトについて確認すべきことを洗い出しました。団体との顔合わせであるキックオフミーティングに向け、準備を進めます。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

SHARE ON