MENU

プロジェクト紹介
松南志塾

プロジェクト
事業計画立案
プログラム
サービスグラント(自主)
エリア
大阪府
進捗率
完了
団体名
松南志塾
SDGs

「政治と経済が両輪で生成発展する社会づくり」の実践の場づくりの活動を始めた団体です。
主な活動内容(中断しているものも含む)、
・大学生インターンシップ受け入れ(一昨年より中断中):地域や社会をより良くする主体者として行動できる人材を育てるための志教育として、春・夏に約4ヶ月間で地域の人達を巻き込んだまちづくり活動を実施
(卒業を機に活動継続が困難など、活動持続の観点から受入中止を決定。今後、状況が整った際には再開したいと考えている。)
最近では、理念を実現できるような地域の子どもたちを育成するため2つの事業を展開中
・こども論語塾:子どもたち向けに論語を用いて、志を立て自分の天命に気づくための学びの場を設ける
・こども商店プロジェクト:子どもたちがゲームを通じて経営を学び、イベントに出店して商売をする取り組み。(2年間ほど継続、他市からの視察もあるなど活動の手応えを感じている事業)

新拠点の「「松南泊(しょうなんぱーく)」に世の中の課題解決にむけたノウハウや思いを持った人が集まり、これからの社会の在り方を実装するための取り組みを元代表の泉大津市長南出氏はサポートすることを考えている。

今回プロボノで支援するのは、2019年末より活動の新拠点としている「松南泊(しょうなんパーク)」の建物の有効な活用方法について。事業計画と、その内容を盛り込んだ施設紹介の資料作成に取組みます。

 

 

進捗状況

2020.12.12

先週の事業計画提案に続き、松南志塾の皆さんが提案内容をいかに実行に落とし込んでいくかを検討するためのワークショップを行いました。
早速、提案内容から動き出しているよというお話や、かなり踏み込んだ質疑応答もあり、皆さんのやる気をひしひしと感じるとともに、チームの皆さんもこれまでの活動に対する達成感を得られたようでした。
プロジェクト開始後、団体としても新しい体制でスタートをきった松南志塾さんですが、新型コロナウィルスという未曾有の環境のなか、立ち止まることなく力強く歩みを進めています。
次にお会いするときは、どんな姿になっているのかとても楽しみです。

[参考URL]役員交代と活動拠点増設のご報告(2020/03/19)

by AD岡林

2020.12.06

事業計画提案を実施しました。
当初のプロジェクトのテーマは『「松南泊」をどう活用するか?』でしたが、チームからの提案内容は、松南志塾のもつ強みやこれまでの活動実績を活かし、既存の「人材育成」や「まちづくり」事業をバージョンアップしていくための提案です。
コロナ禍で社会全体に時間や空間を超越したオンラインでのコミュニティづくりが広がるなか、リアルな場所の活用だけに終始しない厚みのある提案に対し、代表の岩田さんからも即答で「OK」を頂きました。
来週は提案内容を実行に移すためのワークショップを行い、松南志塾の皆さんの背中を後押しする予定です。

by AD岡林

2020.11.07

団体が提供する企業人向け研修を受講された企業さまへヒアリングを実施しました。

by 事務局 河井

2020.11.01

神戸市の拠点で、ヒアリングを行い、併せて、今後学習指導要綱にも盛り込まれる「総合的な探求の時間」「地域探求」に関する活動で学校と連携している団体の話を団体の方と一緒に聞きました。

by 事務局 河井

2020.10.24

団体の活動を支援している方へヒアリングを実施しました

by 事務局 河井

2020.10.18

団体の運営に関わる方にヒアリングを実施しました。

by 事務局 河井

2020.09.13

基本方針提案を実施しました。
チームからは「松南泊」を事業化する前提として、そもそも松南志塾が抱えている課題をどうクリアしていくか?ということを松南志塾の皆さんに問いかけました。
限られた時間内でのオンライン実施のため、十分な議論は難しかったのですが、お伝えした内容を松南志塾さん内でもじっくり見て頂き、事業計画立案フェーズに向けたフィードバックをお願いしました。
どんなフィードバックが帰って来るのか!?私もとても楽しみです。

by AD岡林

2020.07.05

チーム初のリアルな活動として、泉大津市の松南泊にうかがい、代表の岩田さんと調査設計に向けた打合せを行いました。
実際に行ってみることで、松南志塾さんの強みを実感することができ、次の活動の方向性が見えたようです。

by AD岡林

2020.06.20

キックオフミーティングミーティングを開催しました。
本来は松南志塾さんとプロボノメンバーの顔合わせの場ですが今回はオンラインで実施しています。
議題をメンバーから松南志塾さんへのヒアリングに絞ったものの、やはりお互いに聞きたいこと、言いたいことが十分に話せなかったように思いました。
これからも難しい状況は続きますが、そんな課題も含めて「新しいプロボノプロジェクト様式」を皆さんと創っていくプロジェクトになりそうです。

by AD岡林

2020.05.31

キックオフ事前ミーティングを実施しました。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

プロジェクト:事業計画立案
コミュニティネットSSC大泉
ICT救助隊
Small Step
SHARE ON