MENU

ヨコハマをいつまでも暮らしやすいまちに。
横浜市のプロボノプロジェクト“ハマボノ”参加者募集!

 

 

誰もが、いつまでも、どんなときも、自分らしくいられる

「横浜型地域包括ケアシステム」を社会全体で紡ぐ

 

昨年スタートし今年2年目となる、横浜市のプロボノプロジェクト“ハマボノ”を開催します。働き盛り世代からシニア世代まで、様々な経験・スキルを持つ皆さんとともに、市内で活動するNPOや地域活動団体を支援します。

 

横浜市の人口は約370万人、その高齢化率(65歳以上人口)はすでに24.7%です。高齢化率はさらに上がっていくことが予測され、日本の社会課題である高齢化は、横浜市も例外ではありません。
そのような状況の中、横浜市では、横浜型地域包括ケアシステムの構築を推進しています。

横浜市では、高齢・障害・子どもなど分野横断で地域の福祉ニーズに応える共生型の取り組みを全国に先駆けて推進する拠点として「地域ケアプラザ」を平成3年度にスタート、これまでに市内に約140ヵ所を設置しています。地域ケアプラザを中心に、活発な市民活動との協働、健康寿命の延伸に向けた「介護予防・健康づくり」、「社会参加」、「生活支援」の一体的な推進など、特色ある地域づくりを目指しています。

 

“ハマボノ”では、そのような地域包括ケアに関する活動を展開する横浜市内のNPOや地域活動団体を支援先とし、団体の組織運営上の課題解決にチャレンジします。

 

プロボノをきっかけに、地域との新しいつながり、自分とは違う経験を持つ方との出会い、そして社会貢献を通じた生きがいを探してみませんか。

 

参加対象者

支援内容・対象

プログラムの種類

参加方法・プログラムの流れ

 

 

説明会のお申込みはこちら

ハマボノ ウェブサイト はこちら

 

参加対象者

 

・横浜市内在住、在勤の方
・横浜市外の方でも、横浜市の団体を応援することに関心のある方
・仕事のスキルを活かしたボランティア「プロボノ」として、NPOや地域活動団体を支援することに興味のある方

 

何らかのお仕事経験があり、異業種のメンバーと協力しあって支援先のためにできることをしたいという方でしたら、ご参加いただけます。企業などにお勤めの方、すでにご退職されたシニアの方、お仕事経験のある主婦の方、育児休業中のママなど、幅広い方のご参加をお待ちしています。

 

原則として横浜市内に現在在住・在勤の方を対象としていますが、その他、以前横浜市に住んでいた、ご実家が横浜市内にあるなど、横浜市にゆかりのある皆さん、市外の方でもヨコハマプロボノに参加をしたい方なども、ご関心がありましたらぜひご参加ください。

 

(定員を超えた場合は、やむを得ず次の機会をご案内することもありますのでご了承ください。)

 

支援内容・対象

 

仕事で培った経験やスキルを活かして、5名前後のチームで、横浜市内で活動するNPO・地域活動団体を応援します。
支援内容は、ウェブサイトの制作や提案、パンフレットなどの印刷物作成、業務の見える化のための運営マニュアル、活動方針を検討するための調査など。活かせるスキルは、デザインなどの専門的なスキルから、支援先の話を同じ目線で丁寧に聞いてそれを資料にまとめる、支援先の発展を考えたご提案をするなど、様々です。

 

プログラムの種類

 

ハマボノ

約4か月のチームプロジェクトです。支援先団体や関係者へのより深いヒアリング調査等を通して、地域活動にじっくり取り組みたい、という方におすすめです。

 

[支援内容] ウェブサイトやパンフレットの制作、営業資料の作成、マニュアルや業務フローの整備、アンケート等によるニーズ調査など。

 

ハマボノ1DAYチャレンジ

まずは短期で地域活動にトライしてみたい、という方におすすめです。約1か月の準備期間と1日のイベントを通して、チームで成果物を作り上げます。

 

[支援内容] チラシの作成やSNSの活用、課題整理ワークショップなど。

 

ママボノ

 

 

育休中や復職準備中の女性によるプロボノプロジェクトです。仕事のブランク中でも仕事の感覚を取り戻したい、社会とのつながりを作りたいとい方におすすめです。

 

[支援内容] ウェブサイト改善点整理やパンフレットの制作、営業資料の作成、マニ ュアルや業務フローの整備、アンケート等によるニーズ調査など。

 

参加方法・プログラムの流れ

 

ハマボノ・ハマボノ1DAYチャレンジ共通

8月末~9月中旬

説明会(または説明会関連企画)参加
まずは説明会にご参加ください。各回とも同じ内容です。

 

※ハマボノに参加希望で説明会(または説明会関連企画)にご都合が合わない方は、メールにてお問い合わせください。

※会場開催の募集は、8月11日(火)から開始します。

会場開催

  • 9月17日(木)14:00-16:00
    会場:横浜市開港記念会館
  • 9月19日(土)10:00-12:00
    会場:横浜市市民協働推進センター(市役所新庁舎1F)

オンライン開催

  • 8月29日(土) 10:00-12:00
  • 9月9日  (水) 19:00-21:00
  • 9月26日(土) 10:00-12:00

説明会のお申込みはこちら

※50代前後で、「定年後の活躍の場を探したい、地域活動を始めてみたい」という方は、説明会関連企画「ライフシフトを考える」がおすすめです。

9月30日(水)まで 参加申込締切
「ハマボノ」参加希望の方:
こちらから「プロボノ登録」(本登録)をお願いします。プロボノ登録を完了された方に希望プロジェクトを伺い、10月中旬頃までに参加チームをご連絡します。

 

「ハマボノ1DAYチャレンジ」参加希望の方:
こちらから「プロボノ登録」(簡易登録)「ハマボノ1DAYチャレンジ申込み」をお願いします。10月中旬頃までに参加チームをご連絡します。

10月24日(土)

オリエンテーション
チームメンバーとの顔合わせをし、分担やスケジュールなどの打ち合わせをします。

 

ハマボノ
11月7日(土) キックオフミーティング
支援先団体の皆さんとのチームとの顔合わせをし、その後、進め方の確認、支援先団体の活動に関するヒアリングなどを行います。
11月〜2月頃 チーム活動
支援先の活動見学、ヒアリング、成果物制作などの活動をします。主に平日夜や週末の活動です。
1〜2月頃 成果提案
支援先団体に成果物を提示、今後の活用について提案し、最終成果物を納品します。

 

ハマボノ1DAYチャレンジ
10月下旬~11月下旬 事前準備期間
チームでイベント当日の進め方を決めたり、活動見学やインターネット調査等を通して情報収集をするなど、イベント当日に向けて準備します。
11月28日(土) ハマボノ1DAYチャレンジ本番
プロボノチームと支援先の協働作業の1日です。支援先からの要望やの期待をしっかり聞き取りの後に、実際に成果物作成に取り組みます。
11月29日(日) ハマボノ1DAYチャレンジ報告会
各チームの成果報告やフィードバックを共有し、プロジェクトの振り返りを行います。

 

ママボノ

スケジュール詳細はこちら

 

 

説明会関連企画
「ライフシフトを考える」

 

「会社から社会へのライフシフト」をテーマに、定年後の活躍の場を探したい、地域活動を始めたい50代前後の方を対象に、横浜市の地域活性化の取り組みや、はじめてでも参加できる地域活動事例等をご紹介。

主な内容
・人生100年時代とライフシフト
(ライフシフト世代の活躍事例紹介等)
・ハマボノの紹介
・経験者トーク

 

日程:9月5日(土)10:00-12:00
会場:オンライン
参加費:無料

 

お申込みはこちら

 

お問い合わせ

 

本事業に関するお問い合わせ:
横浜市健康福祉局高齢健康福祉部 地域包括ケア推進課
電話:045-671-3464 
Email: kf-chiikihokatsu@city.yokohama.jp

 

ご参加に関するお問い合わせ:
認定NPO法人 サービスグラント(担当 樫尾・菊池)
電話: 03-6419-4021 
Email: hamabono@servicegrant.or.jp

 

 

SHARE ON