MENU

プロジェクト紹介
フェアトレード・ラベル・ジャパン

地球環境と開発途上国の生産者・子どもたちの生活を守る「フェアトレード」の仕組みを運営するNGOです。Fairtrade International(国際フェアトレードラベル機構)のメンバーとして、日本におけるフェアトレードの認証・ライセンスや普及啓発活動を実施しています。

私たちがコーヒーやチョコレート、バナナやコットンなどを安く買うことができる代わりに、実はその原料が生産される開発途上国では、生産者に正当な対価が支払われない、子どもが学校に行けず働かされる、過度な農薬使用により環境が破壊されるなどの問題が起きている場合があります。こうした問題を解決するため、「公正・適正な価格の取引」を行う仕組みが「フェアトレード」です。

フェアトレード・ラベル・ジャパンは、生産者や企業が「経済」「社会」「環境」の3つの観点で細かく定められた国際基準を守って生産・取引していることを確認し、基準を満たす商品には「国際フェアトレード認証ラベル」をつけてもらうことで、消費者の皆さんがフェアトレード商品を安心して選ぶことができる認証の仕組みを運営しています。

認証・ライセンス事業 普及・啓発事業を主な事業としています。その他コロナ禍の生産者復興のためのクラウドファンディングの実施、メディア掲載、オルタナでの執筆などをしています。

1993年から国内で事業に取り組む中で、フェアトレードの認知は少しずつ向上しています。しかし、日本のフェアトレード商品の消費額は年間100円/人、世界全体からみる1%に過ぎず、十分浸透しているとは言えない状況があります。また、約3人に1人がフェアトレードを理解していますが、そのうちの7割以上の人たちが、商品を買ったことがないのが現状があります。今後は、さらにフェアトレードの有効性の可視化と啓発に取り組むことで、フェアトレードの普及拡大につなげたいと考えています。

今回のプロボノプロジェクトでは、企業・団体・学校などの法人・組織の購買、調達において、フェアトレード認証製品を選択してもらうことで国内の市場規模を増やし、生産国の貿易上の不平等の是正に貢献することを目的として、法人・組織に向けた広報ツール(印刷物)を作成します。

 

持続可能な社会を目指し、生産者への適正価格の保証や児童労働の禁止、環境配慮など基準を守った証明として、商品に表示される世界共通のマークが、こちらの国際フェアトレード認証ラベルです。フェアトレード・ラベル・ジャパンは、日本国内でこの認証ラベルの管理・推進を担っています。

毎年5月の第2土曜日「世界フェアトレード・デー」にあわせ、5月のフェアトレード月間に「フェアトレード ミリオンアクションキャンペーン」を実施しています。フェアトレードに取組む企業・団体・行政・個人とともに、「商品購入」「SNS投稿」「イベント参加」など、みんなで100万(ミリオン)アクションを目指すキャンペーンです。2021年は、86もの企業・市民団体・行政・飲食店などにご参加いただき、合計で119万以上のアクションを集めることができました。

 

進捗状況

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

プロジェクト:印刷物(パンフレット等)
環境市民
Quokka
SSAI協会
SHARE ON