MENU

プロジェクト紹介
山村塾

山村の暮らしを見直し、山村の環境を守りたい。

2軒の農家が中心となり棚田や茶畑の美しい福岡県八女市黒木町笠原地区にて任意団体として発足。
棚田や森林といった農山村の豊かな自然環境を守ること目指し、環境保全型農業やいろいろな生き物が住む森づくりに都市と農山村の住民とが一緒になって取り組んできました。
それぞれが稲作コースと山林コースの活動コースを担当し、週末になると都市住民が農家のところに集い、ともに農作業や山仕事に汗を流しています。

活動拠点のある八女市黒木町笠原地区は、2012年の九州北部豪雨災害によって甚大な被害が発生した地域。
災害発生後は災害ボランティアを運営し、避難所運営支援、農地復旧作業などを展開し、2年間で150日間、延べ3,500名のボランティアが参加しており、災害からの地域復興を目指して2013年から「笠原棚田米プロジェクト」を開始し、地域との連携を深めている。

今回は、都市と農山村の住民間のつながりを育むための情報収集を行い、今後の事業展開を考えます。

 

山林コース「下草刈り」:植林された木の生育を助ける下草刈り作業

奥八女芸農ワークキャンプ:国際ボランティアによる棚田の草刈り作業

 

進捗状況

PM:
久保山さん
MK:
上松さん
堤さん
内藤さん
平野さん
BA:
高橋さん
樋口さん
松田さん
安永さん

2021.03.28

最終ワークショップを実施しました。

2021.02.20

報告に対するフィードバックと承認を実施しました。

2021.02.14

調査報告を実施しました。

2021.02.09

個別ヒアリングを実施しました。

2021.02.09

ヒアリング以外の調査を実施しました。

2021.01.11

関係者へのヒアリングを進めています。

2020.12.24

アンケートの集計を行っています。

2020.12.09

アンケートを送付しました。

2020.12.04

飲食店やNPO、棚田保全に取り組む他のNPOなどのヒアリングを企画しています。

2020.11.20

新旧棚田サポーター向けのアンケートを作成しました。

2020.11.15

活動現場見学を実施しました。

2020.11.15

福岡県外ヒアリングを実施メンバーも参加し現地訪問&ヒアリングを実施しました。

2020.10.09

提案に対するフィードバックと承認を実施しました。

2020.10.09

調査方針提案を実施しました。

2020.09.12

福岡県内メンバーが現地を訪問し、活動見学を行いました。

2020.08.18

キックオフミーティングを実施しました。さすがにチームメンバーが9人と多いので、自己紹介だけでも時間がかかってしまいました…。

2020.08.12

キックオフミーティングに向けたチームミーティングを実施しました。

2020.08.05

チームミーティングを実施しました。

2020.08.01

キックオフ事前ミーティングを実施しました。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

SHARE ON