MENU
ログイン
プロボノワーカー
のみなさん
団体
のみなさん
閉じる

プロジェクト紹介
一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会

どれほど科学が発達しても、すべての苦しみを解決することはできません。親の介護が始まったり、子育てで悩んだり、限られたいのちを前にどのように関わってよいかわからず苦しむ人がいます。たとえ解決できない苦しみを抱えたとしても、自分の苦しみをわかってくれる人がいること、解決できない苦しみを通して自らの支え(将来の夢、支えとなる関係、選ぶことができる自由)に気づいたとき、穏やかに過ごせることを、ホスピスの現場で学んできました。苦しみがまだ小さいうちに関わる人がいたならば、孤独・孤立の少ないコミュニティになります。そのために半径5mの誰かに気づき関われる担い手が必要です。

エンドオブライフ・ケア協会では、この「ユニバーサル・ホスピスマインド」を大人も子どもも実践できるように、人とコミュニティを育てる活動を全国で行っています。地域社会が直面する関係性希薄化の中でも最期まで幸せに生きる文化づくりに取り組んでいます。

今後、多様な団体と協働したり、団体に関わる関係人口を増やしながら、ユニバーサル・ホスピスマインドの考え方を幅広い層に広げていきたいと考えています。特に、介護や看取りについてこれから体験する40-50代の企業で働いている人になかなかリーチすることができていません。また、講座等を受講した企業の方から何かサポートをしたいという申し出があった際、企業に対して団体が提供できるサービスがメニュー化されておらず、企業への関わり方を示せない状況です。

そこで、プロボノプロジェクトの前半では、エンドオブライフ・ケア協会の提供できることを理解した上で、どのような企業のどの部門をターゲットにし、どのようなセミナー等のコンテンツを、どういったポジショニングで提供するとより企業にとって魅力的なのかを、ヒアリング等を通じて検討します。
また、プロジェクトの後半では、実際に企業との連携に向けた具体的な提案やトライアル(例:企業リストの作成、資料作成、トライアル実施、コンテンツ紹介イベントの企画)を行います。

 

進捗状況

チームメンバー:
久米さん 竹内さん 棚沢さん 浪花さん 羽柴さん 山本さん

2024.07.02

団体の活動拠点である横浜市瀬谷区のクリニックを訪ね、ユニバーサル・ホスピス・マインドの考え方や実践例などについて深くお話を伺いました。今回学んだ視点や姿勢を核に、これからチームでプロジェクトとして誰にどのようにユニバーサル・ホスピス・マインドを伝えていくかを考え、ヒアリング対象の検討を進めていきます。

2024.06.27

団体の方にオフィスへきて頂き、キックオフミーティングを実施しました。前もってチームで準備した質問を元に、団体の方の活動や思いについて丁寧に伺いました。

2024.06.24

オリエンテーションを実施し、チームメンバーが初顔合わせをしました。支援先の取り組みへの理解を深めるための情報共有や意見交換を行い、団体とのキックオフに向けての準備を進めました。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

プロジェクト:マーケティング基礎調査
Teach For Japan
NPO法人BASE
チョイふる
SHARE ON