MENU
ログイン
プロボノワーカー
のみなさん
団体
のみなさん
閉じる

プロジェクト紹介
NPO法人BASE

NPO法人BASEは、「就労継続支援B型BASE CAMP」という事業所を運営しています。このBASE CAMPでは、精神障害・精神疾患を経験したメンバー(利用者)が集まり、仕事や作業を行うだけでなく、居場所としても活用されています。メンバーたちはお互いに生活について話し合い、そこから「創作」や「発信」の活動も展開しています。
活動の背景には、日本の精神科医療が薬物療法と入院が中心であるという偏りがあります。この状況を踏まえ、我々は対話を重視したアプローチで、社会課題に取り組んでいます。日本の精神科医療の文化を「対話的」なものに変革し、ひとびとの孤独感や苦しみがやわらぐような活動をしていくことが、我々の目指す方向です。
事業所での主な活動は以下の通りです。
・外部での作品発表(演劇やパフォーマンス)
・グループホーム等での出張当事者研究の場づくり
・経験などを「伝える」活動(大学での授業や看護学生向け体験機会)
・実践の報告(オンライン報告会やメディア媒体)
・制作活動(退院支援プログラムの動画作成や「JIGAJISAN」ブランドの制作販売)
・ワークショップ開催

利用者の方は、これまでの精神科医療を受けた経験の中で、自信をなくされている方が多いため、BASE CAMPを通じて「やってみたら意外とうまくできた」「作った作品が売れたら嬉しい」など、想定外の嬉しい驚きを日常で感じてもらい、その人らしさを発見してもらえるように活動をしていますが、新規利用者はここ数年減少傾向にあります。また、団体で定期的に開催しているイベントには、精神疾患を抱えた本人やその家族、支援職の方が多く参加されていた以前と比べ、最近は近隣住民や学生など、参加者層も多様化していますが、効果的な集客が難しいと感じています。
さまざまな事業を行い、多様で特徴的な活動をしている団体ではあるものの、その特徴や活動内容について、うまく言語化ができておらず、新規利用者やイベント参加者へ繋げるため、団体の認知拡大が喫緊の課題です。

今回のプロジェクトでは、団体内部、外部ステークホルダーのヒアリングや、類似団体のリサーチなどを通じて、環境調査や分析などを行い、新規利用者・イベント参加者増に向けて、どのようなターゲット層に、どのようなアプローチをしたら良いか、施策提案を行います

 

演劇作品「VOICE!!!!!Rver」一場面

 

進捗状況

メンバー:
今井さん、須藤さん、仲村さん、西山さん、深見さん、前川さん、安富さん、山下さん

2024.05.15

チームの初顔合わせ、オリエンテーションを実施しました。今回は8名の方がチームとなって、支援先の課題解決に取り組みます。
みなさんの熱い想いをお話し頂いた後、窓口担当者を決め、キックオフミーティングまでにやるべきことを話し合いました。
いよいよプロジェクトスタートです!

by 大森

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

プロジェクト:マーケティング基礎調査
El Sistema Connect
コクレオの森
Chance For All
SHARE ON