MENU

プロジェクト紹介
風に立つライオン基金

国内外の僻地医療や大規模災害の復旧現場などにおいて奉仕活動をする個人や団体に対し、物心両面からの支援を提供するための基金として以下の活動を行っています。
〇顕彰・助成事業
国内、国外において「いのち」や「平和」を守るために奉仕活動や慈善活動を実践している個人、団体を対象とする経済的な支援活動と、それぞれの「ささやかで偉大な」活動を顕彰し、継続と発展を願う事業。
〇大災害時などにおける医療支援・復旧支援事業
大規模な自然災害などにより、当該地域外からの人的支援が必要となる事態に備え、医療支援、復旧支援を実施するための人員を広く募集し、 会員として組織する。災害発生時にはチームを編成して派遣する人的な支援活動。
〇被災地支援コンサートなどチャリティ事業
大規模な自然災害に被災し、心に痛手を負った地域の人々を慰問するためのコンサートやシンポジウムを開催するチャリティ活動。

2021年1月より情報プラットフォーム「ライオンカフェWEB」を立ち上げ、災害が起こった際に、現地のボランティアが現地の情報を記入して専門家のアドバイスを得たり、被災地の支援団体が必要な物資をタイムリーに依頼できるようなしくみを構築していこうとしています。また、災害時に迅速に活動を進められるように、平時にもそのプラットフォームにて、ボランティア同士の交流、知識のアップデート、課題解決につながるプロジェクトの立ち上げなどを目指しています。その実現にむけて、基金の登録ボランティア230名を対象に、試験運用を開始しました。
ただ、現状、掲示板への投稿に対してハードルを感じる参加者も多く、実際に登録しているのは70名、記入をしているのは20名程度と活性化できていない状況です。

プロボノプロジェクトでは、既に参加しているボランティアメンバーへのヒアリングやアンケート、また現状のオンライン掲示板システムや利用データの分析を行った上で、オンラインコミュニティやシステム、運営に関する課題を明確化します。
そのうえで、このコミュニティが活性化し、災害時の活動につなげるために、どのような手立てがあるのか、具体的にはシステム上の改善、運用、メンバーのケアの方法などの提案を行います。

 

高校生ボランティア・アワード2020開催

チャリティコンサート

 

進捗状況

リーダー:
高野さん 彦坂さん
メンバー:
坂上さん 杉本さん 永田さん 福村さん

2021.11.18

中間提案ミーティングを実施しました。

2021.11.18

支援先団体にして中間提案を実施しました。オンラインコミュニティの参加者の方へのアンケートの結果やヒアリングの中間報告を行い、今後の提案の方向性について合意をしました。途中で議論を挟みつつ、

2021.11.17

収集した情報のまとめと分析を実施しました。

2021.11.17

中間提案に向けてチームミーティングを実施しました。

2021.11.17

ボランティアとして参加されている方にヒアリングを実施しました

2021.11.16

ボランティアとして参加されている方2名にヒアリングを実施しました。

2021.11.14

活動現場見学・体験を実施しました。

2021.11.14

災害医療支援ワーキンググループのミーティングに参加しました。議論を見学することで、参加者の熱量や求めらていることなどに触れることができ、今後の提案のヒントを得ました。

2021.11.04

ヒアリング以外の調査を実施しました。

2021.11.04

会員に対してアンケートを実施し、回答を回収しました。今後、アンケートで協力許可をいただいた方に、ヒアリングを実施していきます。

2021.10.20

支援先団体との初の顔合わせであるキックオフミーティングを実施しました。団体の課題やプロジェクトへの確認を行い、今後のヒアリングやアンケートに向けて打ち合わせをしました。

2021.10.06

オリエンテーションを実施しました。

2021.10.06

チームの初めての顔合わせであるオリエンテーションを実施しました。自己紹介をし相互理解をするとともに、プロジェクトの内容について理解を深めました。

2020.10.20

キックオフミーティングを実施しました。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

SHARE ON