MENU

プロジェクト紹介
O’hana親と子の絆を育むお手伝い

日本における2019年度児童虐待相談件数は193,780件であり、年々増加しています。
特に、虐待死亡件数は、「0歳」が 22 人(40.7%)で最も多く、3歳未満は 31 人(57.4%)と半数を超える状況です。
※「社会保障審議会児童部会児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会 第 16 次報告」より

「O’hana親と子の絆を育むお手伝い」は、赤ちゃんの誕生時から家庭訪問による育児支援をすることで、
「新しい家族の幸せと、虐待のない健全な社会の実現」を目指しています。

上記を達成するため、以下の3つの事業を行っています。

1.家庭訪問による育児支援(赤ちゃん誕生から6ヶ月間、週に1回1時間程度の育児支援)
2.家庭訪問を行う育児支援員の養成講座
3.愛着の絆の結び方や大切さを、プレママほか支援者に伝える講座

この事業は、独自性もあり効果的である一方、「支援を必要としている人」に情報が届いていないという課題があります。

具体的には、1の「家庭訪問による育児支援」では、主に児童養護施設を卒業し妊娠した女性が対象ですが、代表を知る施設からの紹介のみで、支援を必要とする本人からの問い合わせや依頼はほとんど無い状況です。また、現行のウェブサイトやSNSでは、情報発信に詳しいスタッフがおらず、訴求力のあるコンテンツの発信ができていません。

そこで、今回のプロジェクトでは、「支援を必要としている人とつながる」ことを目的として、ウェブサイトのアップデートを行います。特に、
・支援を必要としている人へ、直接情報を届ける
・当団体が信頼のおける団体だと伝わる情報を届ける
ことを目指しています。

ウェブサイトのアップデートを検討するにあたり、ターゲット像、閲覧きっかけや閲覧後のアクションについて整理し、コンテンツ内容を具体化します。また、継続的な情報更新ができるよう団体の運営体制検討を支援します。

 

進捗状況

PM:
澤坂
MK:
門野 笠井
CW:
石田
WD:
塚村
CD:
IA:
池田

2021.06.12

キックオフミーティングを実施しました。
団体から3名、チームから7名(1名欠席)、事務局1名の参加で、オンライン形式にて。

冒頭は団体、チーム共に自己紹介から始まり、その後早速、スコープ設定書を読みあわせながら、チームが事前にリストアップしていた質問を投げかけていきました。

当事者は困っていない、早めに関わることで育児は楽になる、地域とつながっていきたい、負の連鎖を起こさないアプローチが必ずある、ターゲットの選択が増えた、など、新たに得た情報から驚いたこと、発見だったことも多く、プロジェクト開始と共に、一歩踏み出せた感触の得られるミーティングとなりました。

11名のオンラインミーティングでは温度感がわかりにくいところもそれぞれにあったかもしれませんが、良いスタートができたと思います。

by 永野

2021.06.05

キックオフ事前ミーティングを実施しました。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

プロジェクト:ジンドゥー・Wixウェブサイト
ひといろプロジェクト
PAHの会
みなみあいづ森林ネットワーク
SHARE ON