MENU

プロジェクト紹介
ワーカーズ・コレクティブちろりん村

西東京市内で2001年より活動を開始した、地域の子育て家庭に向けて支援活動を行う団体。主に訪問型子育て支援ホームスタート、親子ひろば、親支援の連続講座、食育活動、イベントなどを行っている。
子育ては、「次代を担う子どもたちを育てる」という社会の大切な仕事です。しかし、現在は核家族化がすすみ家庭や地域の育児機能が低下する中で、親の負担感が増すとともに、孤立した子育てからくる育児不安や虐待等が地域の課題となっています。また親の就労率の向上に伴い保育ニーズは多様化し、既存のサービス以上の利便性、経済性を考慮した細やかな対応が求められています。そこで、ちろりん村は産前から就園前の地域で子育てするママの一人ひとりに寄りそうことを大切にしています。

孤立感や不安感の高い産前・産後のママを対象とした様々な活動をしていますが、現在は利用者に活動内容や問い合わせ方法などが伝わりにくいウェブサイトであることが課題です。特に、コロナ禍で家庭内DVや虐待が増えている傾向があるにも関わらず、支援を利用する人が減っている現状があります。そこで、団体の活動をわかりやすく伝え、必要な人に情報を届けることが大切です。産前から就園前の親子向けが対象ですが、特に産前・産後 のママ向けの講座等が充実していることが伝わるウェブサイトにするための、改善提案を行います。(成果物は、トップページの改善提案、およびサイトマップを想定)

 

赤ちゃんとママの連続プログラム:育児や仲間づくりをします。

親子ひろばの親子とボランティアスタッフ

 

進捗状況

リーダー:
大塚さん 野呂さん
メンバー:
北川さん 茂木さん 山内さん 吉門さん

2020.10.16

支援先団体とママボノチームの顔合わせである「キックオフミーティング」を実施しました。10日前のオリエテーションから今日までの間に団体への確認事項や質問などを整え、プロジェクトスタートのための確認を行いました。いよいよプロジェクトが本格的にスタートします。

2020.10.06

東京の全10チームがオンラインで集合し、オリエンテーションを実施しました。プロジェクトの説明を聞いた後、チームに分かれ、自己紹介と共にプロジェクトの進め方について検討をしました。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

SHARE ON