MENU

プロジェクト紹介
WRO JAPAN

世界で活躍する科学者・技術者の育成を目指し、2004年から小中高校生を対象にした国際的なロボットコンテスト「World Robot Olympiad」を開催し、科学・技術を体験する機会の提供や、指導者の育成を行っています。2019年度は、日本国内40ヶ所の地区予選会に2046チーム約5000名が参加、内150チームが勝ち上がり決勝大会が行われました。その後、17チームが国際大会(ハンガリーにて開催)に出場しています。WRO Japanは、こういった国内の大会や指導者の育成のためのシンポジウムを、産学官で連携しながら、すべてボランティアベースで運営しています。

今後の活動の目標として、大会参加者のすそ野を広げ、2025年までには、甲子園(予選参加校約4,00)よりも多くのチームが参加する大会へ成長させたいと思っています。目標を実現するためには、より多くの企業スポンサーを得て、大会の運営体制を強化するとともに、これまで地区予選大会が開催されていない地域での指導者向け出張ワークショップを行う等、指導者の育成施策を展開していく必要があります。しかし、団体には技術系のプロフェッショナル人材は多く関わっているものの、営業についての知見が不足しており、スポンサーを得ていくための活動が実行できていません。

プロボノプロジェクトでは、企業スポンサーを得ていくための営業戦略(ターゲットの選定やアプローチ方法)を策定し、この営業戦略に基づいた営業資料(パンフレット/A3裏表想定)を作成します。団体の活動の意義や実績等、企業のCSR担当者のニーズや関心に応える資料を目指します。

 

WRO2019ハンガリー国際大会

WRO2019 教育シンポジウム@金沢市

 

進捗状況

大久保さん 工藤さん 鈴木さん 辻村さん 長谷川さん

2020.11.11

対象事業・商品・サービス等の現状把握を実施しました。また、今後のヒアリングの進め方について相談を行いました。

2020.11.11

支援先窓口の方に追加でヒアリングを行い、現状把握をしました。

2020.10.28

キックオフミーティングを実施しました。

2020.10.28

キックオフミーティングを実施しました。団体から活動紹介をしていただいた後に、チームからの質問に回答いただきました。今後はヒアリングを行います。

2020.10.20

オリエンテーションを実施しました。前半は事務局からのプロジェクトについての説明を行い、後半はチームミーティングを行いました。チームミーティングでは団体についてのお互いの理解を確認したり、キックオフでの質問事項を洗い出しました。

2020.10.19

オリエンテーションを実施しました。

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

SHARE ON