MENU

プロジェクト紹介
四街道市国際交流協会 (YOCCA)

「国境を越え、世代を超え、互助精神で人と人とを結ぶ」
誰もが日常生活の中で体験できる国際交流を目指して、市内に住む外国人市民のにほんご学習や生活サポート、語学、文化交流事業など、地域にしっかりと根をはって様々な分野で活動をしています。

主な事業内容
1:市内に居住する外国人市民サポート:にほんご学習支援や生活のサポート
2:姉妹都市リバモアとの交流:短期留学生や訪問団の受け入れ・派遣
3:語学関連事業:英会話教室、英語楽習会、英語サロン、英語翻訳教室
4:文化交流事業の実施:パーティー、バスツアーなど外国人と日本人の交流事業
5:相談・翻訳:外国人相談窓口、および、公的機関からの依頼による、文書の4か国語翻訳(英語・中国語・韓国語・ペルシャ語)

地域の外国籍住民は増加傾向にあり、暮らしのサポートへのニーズも増えており、コロナ禍における支援のオンライン化や、活動継続のための運営メンバー募集等、新たな挑戦も必要と考えています。現在10名強のボランティアを、20名くらいまで増やし、オンライン対応可能にしたいと考えています。
しかし、現在10名強の事務局メンバーは、実質200名の会員管理をはじめとする日々の事務処理に大変な労力と時間が掛かっており、余裕がないのが現状です。

今回のプロジェクトでは、より多くの外国籍市民の生活をサポートし、地域に根付いた国際交流を実現するため、団体の事業を継続的に行えることを目的として、業務フロー設計
を実施することとします。

 

にほんご教室(2019年5月15日)開催時の授業風景

多文化理解講座「世界を知ろう〜ネパール」(2019年7月4日)開催時の様子

 

進捗状況

メンバー:
安藤さん 本間さん 慶田さん 西垣さん ケレハーさん 増田さん 中村さん

2021.10.01

提案に対する回答を得ました。成果提案に向けて、事務局長と詳細確認を実施しました。いよいよ成果物の最終制作へ取り掛かります。

by 大森

2021.09.16

中間提案ミーティングを実施しました。
キックオフからヒアリングまでの活動を振り返り、チームが集めた一次情報を基に、成果物の方向性を、団体のみなさんと共有しました。
団体の皆さんからは、これまでのプロボノ活動に感謝するとともに、第三者ならではの視点で見えてくる改善提案に、期待の声が挙がりました。

by 大森

2021.09.15

これまでのヒアリング結果をもとに、会員情報データベースの改善提案、クラウド活用にあたってのマニュアルとルールの策定、そしてヒアリング内容の取り纏めを成果物を作成することにしました。

by 大森

2021.08.23

これまでのヒアリング結果をもとに、成果物の方向性を検討しました。
団体側との認識合わせを実施し、これからチーム内で分担をしながら進めていきます。

by 大森

2021.08.19

日本語学習部会へのヒアリングを実施しました。
これまでのヒアリングで得られた情報を通じて、改善提案の検討を始めます。

by 大森

2021.08.12

中間共有会を開催し、他のチームと進捗共有や、後半の活動へ向けたディスカッションをしました。

by 大森

2021.08.04

姉妹都市部会へのヒアリングを実施しました。

by 大森

2021.08.03

通訳語学部会のヒアリングを実施しました。

by 大森

2021.07.19

交流部会へのヒアリングを実施しました。

by 大森

2021.07.12

キックオフ・ミーティングを実施しました。
プロジェクトの範囲や今後のヒアリング対象について、団体の皆さんと、プロボノチームのみなさんで、認識合わせをしました。
全体スケジュールも共有し、いよいよプロボノ活動のスタートです!

by 大森

2021.06.17

プロボノチームで、オリエンテーションを実施しました。
チームのみなさんで、キックオフミーティングへ向けた確認事項を話し合いました。

by 大森

掲載情報はプロジェクト実施時点のものです。最新情報は団体のウェブサイト等でご確認ください。

プロジェクト:業務フロー設計
築地町自治会
胃癌を撲滅する会
ギフモ株式会社
SHARE ON